fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

振り返り④(主夫の目覚め)。。。

今日は2010年12月まで振り返りました。

カイワレ大根の配送の疲れから体調を崩し、「2か月の自宅療養」を医師に言われ、休んで1か月後に会社が倒産。
また、無職になり、毎日焦りがあったようです。
それに睡眠が過眠過ぎ。
12時間寝て、朝食後2時間寝て、昼寝も2時間寝て、と薬の影響でしょうか、かなり強い薬を服薬していた模様。
それでも、「仕事する体づくり」のために、頑張ってコーヒー屋さんへ出勤(外出)していたようです。
今は21時前に寝て朝7時前には起きています。約9時間寝ていますが、昼寝はしなくなりましたね。やっぱり薬が変わってから生活も楽になり、当時の処方はいかがなものか?適切だったのか?考え直しました。
病気の事もいろんな本を読んで自覚し始め、「主夫」への目覚めが少しづつ出始めていました。
外で仕事ができないのに、家での家事はできる。
何でだ?
自己分析しながら、毎日コーヒー屋さんに通っていました。

娘も小2にして算数で壁にぶつかり、お風呂で2人で勉強していました。
この子は集団より個人で教えた方が伸びる子なんだと気付きました。
今ではなんだかんだ言いながらも、すすんで勉強するという大きな成長が見られます。当時では考えられませんでしたが、好きな勉強や分野では楽しいんでしょうね。
昨日も、メイクの勉強でモデルになってくれた子の眉毛かきのレッスンがあり、仲良くなったそうです。

この当時から、散歩やジム通いを何回も挑戦していたようですが、やっぱり続かず。
10年以上たった今でも出来ずじまい。
自分には合わないんだと分かりました。
このころから、仕事探しはまだあきらめていないようですが、家族との時間に小さな幸せを感じるようになっていましたね。
今の状態に近づきつつあります。
さて、あと10年。
どんなことがあったんでしょうか?
また、時間ある時に振り返りたいと思います。。
スポンサーサイト



[ 2021/07/07 15:51 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(1)
家庭教師
こんばんは。
お風呂で小2の娘さんと算数の勉強をするって、どうやってしていたのでしょうか?なお、集団より個人で教えた方が伸びる子ということは、家庭教師でもつけられたのかな?
[ 2021/07/08 00:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する