fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

すくすく子育て。。。

教育テレビで「すくすく子育て」という番組が放送されています。
ほとんど観たことないんですが、テーマが「夫婦関係」というのをちょうどやっていて、数分でしたが観ました。
やはり夫(父親)の何気ない言葉に妻(母親)がイラっとするコーナーをやっており、少し笑ってしまいました。
「イクメン」という言葉もだいぶ定着しだした昨今ですが、まだまだ妻の大変さは分かり合えないようです。

夫「ちょっと暇だから、外に行ってもいい?」

妻「はぁ?こっちは子育て1日中やって暇なんかないんですけど!」

てなすれ違い。

自分がまだ病気じゃなかった、ちょうど娘が生まれた頃に1度失敗した発言を今でも悔いています。
あれは、ホテルマン時代のころ、夜泣きが多かった時、3人で寝て、夜中に起きては一人があやし、一人がミルクを作ってと、バタバタしていた時期でした。
たまたま寝不足で帰ってきて、夜中に泣きだした娘をあやしていた奥さんに、

「うるさいなあ。」

とぼそり。

言った瞬間、ハッとしました。

やばい!て。

すぐ奥さんに謝って、次の日は自分が夜起きるからと、案の定、娘が泣き出し、あやしていると、奥さんがわざと(多分)、

「うるさいなあ。」

と言って寝てしまいました。

言われた気持ち、わかるでしょ?と伝えたかったんだと今思います。

反省です・・・。
今でも失敗したなあと思い出します。

それ以降は、失言はなかったと思っていますが、奥さんからは「まだある」と言われるかもしれません^^;

やはり赤ちゃんは女性の胸に抱かれるのが一番落ち着くんでしょうか。
それをどうにか再現したくて、「おっぱいタオル」と称した、ふかふかのタオルを自分の胸にかけて娘をあやして少しでも女性の特有の感触を試したりもしました。
夜泣きは一時的な時期だけですが、女性は精神的、体力的にも大きな負担がかかる時期で、いかに男性がサポートするか。
父親はどうやっても母親の代わりはできませんから、すすんでお風呂に入れたり、おむつを替えたり、またそれが不得意の父親は洗濯物を干したり、料理を最低限お手伝いする、皿を洗うだけでもサポートはできるんじゃないでしょうか。
でも一番大切なのは、妻への声掛けではないでしょうか。

「ありがとう。」「お疲れさま。」「代わるよ。」
寄り添うのがやはり重要ではないかと。

疲れてるのは、お互いさま。

「すくすく子育て」を観ながら、自分と同じ年の友人に最近女の子が生まれたのを聞き、今そんなことを思い出しました。
えらそうなことは言えませんが、夫婦は何でも話し合いながら、子どもも一緒に育っていけばいいなあとつくづく感じます。

昨日も、夫婦で話し合いました。
「今の自分たち、て夫婦じゃないよね。」
「夫婦というかパートナーだね。」
「相手を尊重する関係。」
「お互いの人生設計、尊重できればいいね。」

子どもの夜泣きでアタフタしていた2人もだいぶ成長したようです(笑)。。
スポンサーサイト



[ 2021/05/15 14:27 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(2)
何だかわかるなぁと思ってコメントです(笑)
我が家も今やパートナーです。
戦友とも(^ω^)
同じく夜泣きも覚えがあります。
懐かしいね。

少しずつ変わっていくけれど、
少しでも幸せを感じられますように(*^^*)
[ 2021/05/16 19:02 ] [ 編集 ]
ももへ
ももー。
コメントありがとー!

子どもの幸せとともに、親も幸せを感じられればいいね。
[ 2021/05/17 15:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する