fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

ふみふみ。。。

明日は我が家の猫の1歳の誕生日。
小さかった猫もずいぶん大きくなり、体重も5キロになった。
自分と一緒にいるときは、お互い距離を取って無関心状態。
こっちから近寄ることもしないし、向こうも寄ってこない。
唯一の愛情は、自分がお風呂あがってきたらいつも脱衣所の扉で待機し、にゃーにゃー言って冷蔵庫のおやつをねだります。
お風呂上がりの恒例となっています。
おやつを食べたら又どこかに去っていきます。
奥さんには、帰ってきたらいつもにゃーにゃーとずっと甘えています。
奥さんは溺愛しています。
夕ご飯中は、奥さんのお腹に乗ってきて前足でふみふみしておっぱいを探している仕草をしています。
大きい図体してもまだまだ赤ちゃん心が残ってるんだな、て言っていますが、5キロの重さはさすがに重いといっています。

今日、家事を一段落して座椅子に座って何気にテレビ見てると、珍しくゴロゴロとのどを鳴らして、お腹に乗ってきた。
そしてお腹の上でふみふみ。
10分くらいして、スッキリしたのか又どこかに去っていきました。
猫は気ままと言いますが、その通りですね。
確かに、重かったけど、まだ自分に興味は残っているんだなと思い、少しうれしかった。
明日の誕生日には、夕ご飯にかつお節(猫用)を特別に入れてあげよう、と思った。。
スポンサーサイト



[ 2021/02/06 15:44 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する