FC2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

疲れた。。。

今、ここに書いているということは・・・そう、まだ旭川にいます。
昨日は、台風並みの爆弾低気圧のせいで、大雪、暴風で朝7時半過ぎに家を出ました。
空港に着いたはいいが、乗る便が欠航。
お昼の便で乗る手続きをしましたが、これも欠航。
「こりゃだめだな」と思い、明日に振り替えようと長い行列に並んでいると、14時30分に出発の便が用意できたというアナウンスがあり、それに乗ることに。
搭乗口には一昨日、欠航になって放置されていた飛行機があり、完全に凍り付いている状態。
飛行機を溶かす作業が長引き、やっと乗れたのは16時15分。しかし、一向に出発する気配なし。
窓の外ではまた、翼に積もった雪を解かす作業が入り、待機。
この大雪、焼け石に水状態。
1時間後17時15分に駐機場から離れ、機内のモニターを見ていたら、何やらもたもたしながら引っ張て行く牽引車。
18時ころ、機長からのアナウンス。
「当機はエンジンが始動しないトラブルにより、駐機場に戻ります。」と連絡あり。
お客さんからブーイングの嵐。
参ったなあ。とりあえず、奥さんに連絡とって、迎えに来てもらうようにライン送る。
18時半に駐機場に到着したものの、アナウンスでは、機長と整備士と地上スタッフで今後の対策を練ると入り、機内からも出れず。
18時30分、奥さんから空港に到着のラインにあり。
CAに降りたいこと伝えると、スーツ着たお偉いさんが来て、あと15分くらい(19時)で出発できるんですが、と言われたが、もう乗り継ぎの伊丹の飛行機もないので羽田に行っても、意味ないことを伝えると、では、降りましょうということになった。
でも、貨物室に荷物預けてあるので、それを取り出す作業があるといわれ、また自分と同じように降りたい人が20名ほどあり、みんな一斉に搭乗口に戻る。
降りた人数と預かっていた貨物室の荷物の確認で、スタッフが確認の確認を繰り返し、なかなかロビーに出られず。
気が付いたら19時30分。やっとこさ、荷物をロビーで受け取り、カウンターで振替の予約。
27日でも予約取れそうだったけど、天気は明日も雪が強まると娘がニュース見てラインを送ってもらい、28日の便に変更。
しかし、羽田から伊丹空港の便が17時30分しかないと言われ、仕方ないので、明日13時5分の旭川発の便を取り、2時間半羽田に待機して17時30分の伊丹行に乗ることに。
予約を済んだらもう20時すぎ。
結局、空港に12時間以上滞在していたことに。
もうヘロヘロ。
奥さんも1時間以上待ってもらい、お詫びにビールを買いました。
なので、明日、帰ります!
天気も回復傾向なので、トラブルがない限り、飛びます。
目をつむると、空港のアナウンスの音が聞こえてきます。
日頃の行い、こんなに悪かったかなぁと振り返った。
今朝は、お義父さんが除雪に来てくれてホント感謝。ありがたい。
体力温存してまた明日帰ります。。
スポンサーサイト
[ 2017/12/27 10:42 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する