お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

終わりました。。。

気持ちはまだザワザワしていますが、書いてみます。
B型事業所、本日退所しました。
昼寝している時に事業所から携帯がなりましたが、取りませんでした。すぐ家の電話が鳴り、奥さんがとりました。
そばにいた娘が、寝室に来て報告に来ました。
なんと、お世話になっていた責任者のHさんが明日で退職されるとのこと。
しかも、その前に知っている職員も2人8月末で退職されたと。
奥さんに詳しく聞いて、折り返し電話したら、本当のようで、そんな状態で自分が復帰するのは難しいと思い、向こうもそう思ったらしく、「一時退所」も一つの案だと言われ、即受け入れました。
そして、事業所に直行。
久しぶりの再会でした。早速、退所の手続きを済ませ、残った職員さんとお話。
Hさんの話では、B型の事業所としての機能、目的が自分と考えが違ってきたというのが一番の原因らしい。
通勤も遠いのでそれも疲れてきたそうです。
残りの職員の一人も、近々退職するようで、初期から残るのはたった一人になるようです。
そんな状態の事業所に戻る気もなく、ちょうどいいタイミングに退所という形になりました。
最後は握手をしてさようなら。
また、人生やり直しです。
前進したのか、後退したのか・・・たぶん自分で事業所に行けたことは大きな前進だと思って、今後につなげていきたいと思います。
もうしばらく休息して、また何か始めたいと思います。。
スポンサーサイト
[ 2016/09/22 17:48 ] 仕事の物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する