fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

祝日でも。。。

働いています。敬老の日でもいつもどおりにデイサービスにやってくるお年寄り達。彼らはどんな思いでこの日を感じているんでしょうか・・・元気にデイに来れるだけでもいいことなんでしょうかねぇ。。
りくは波も越えて体が軽くなっていますが、今度いつまた波が襲ってくるか、毎朝不安になります。でも、こればかりは仕方ないですね。。。
昨夜、ちょうど去年の今頃撮ったビデオを家族で見ていた。自分の姿が映ると明らかに・・・暗い雰囲気をかもし出していました。確か新しい仕事を1日で失敗し、即2週間抗鬱剤の点滴打ってたころでした。。。あれから見れば断然今とは違うと奥さんは言っていたし、りくも回復しているなあと感じています
奥さんはこうも言ってくれました。
「前は買い物行くのも1つのところ行くだけで疲れていたけれど、最近は色々なところへ行けるようになったね。」
むぅ、よく観察されておられる。確かにそうだなあと思うし、嬉しい言葉です。
来年の今頃はまた違うりくの姿、いい方向に向かっている姿を見れることを願っています。。。
スポンサーサイト



[ 2006/09/18 11:49 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(3)
少しずつ快方に向かっているんですんね。
私もココロの整理をつけて、前に進みたいです。
[ 2006/09/18 20:10 ] [ 編集 ]
祝日のお仕事お疲れ様でした
去年より良くなってるんだね
それが実感できると嬉しいよね
きっと来年はもっと良くなってると思うよ
少しずつ解放に向かっていこうね
[ 2006/09/19 00:10 ] [ 編集 ]
智さん・・・智さんもゆっくりと心の整理をされているんですね。回復の一歩ですね^^

Airちゃん・・・そうだね、来年はもっと良くなっているといいなあ、お互いにね^^
[ 2006/09/19 08:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する