fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

太陽。。。

今日は久しぶりの休み。娘を肩車して保育園に連れて行き、家路に帰る途中、去年の自分を思い出した。
去年の今頃はできるだけ人に会わない様にササッと娘を保育園において、やけに太陽がまぶしすぎてなじられているようで気持ちが落ち込んで家に帰っていたなあと。。。「いつか太陽に向かって胸を張り、顔を上げられる自分になりたい。」と常々思っていた。
でも、今日はそんな意気込んだ思いは無かった。自然に太陽に目をやり爽やかに歩いていた。「意気込む必要は無いんだあ。」・・・そう思った。
でも、青空は見上げた。
この大きな空の下には同じように心の病で今、苦しんでいる人や頑張っている人がたくさんいることを忘れてはいけない。。。
娘が大きくなってりくも病気が治ったらその思いはいつか伝えたいと思う。
スポンサーサイト



[ 2006/09/08 09:23 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)
私もいつか、太陽の下でのんびり出来る日がくるといいなぁ。
[ 2006/09/08 19:28 ] [ 編集 ]
りくちゃんが解放に向かってる証拠だよ
良かったね 
私も嬉しいよ
自然と大丈夫になることが増えるのって嬉しいことだよね
[ 2006/09/08 20:44 ] [ 編集 ]
肩の力が少し抜けたのかな?

あるがままに。だね^^
[ 2006/09/09 00:05 ] [ 編集 ]
智さん・・・智さんにも必ず来ると思います。きっと。。

Airちゃん・・・ありがとう^^お互いうれしい事が増えるといいね。。

にゃん・・・そうだね、あるがままにだね。。
[ 2006/09/09 13:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する