fc2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

働くという事。。。

昨日の夕方、何を思ったのか仕事が出来そうな気持ちになり、職安に行ってきました。
無くて当たり前と思いながら検索したら一件条件がいいのがありました。今回は失敗しないためにすぐ窓口に行かず、まずは奥さんに相談。
『行けそうなら行ってみたら?』
との事。


でもね、



でもね、



求人票見れば見るほど、いつもの如く不安になってきて、混乱し始めました。
そんなりくを見た奥さんが、
『来る~きっと来る~』と歌いだしました。(映画リングの歌)

案の定、4時前に早朝覚醒。
そのまままた強引に眠りましたが。
朝に娘を送り出し、一週間分の買い物を済ませても求人どうしよう?と頭がぐるぐる。
一応、求人票持って只今スタバでカプチーノ頂いているところです。

いつからこんなに臆病になったんだろう。
仕事に失敗すればするたび怖くなってきて次の一歩が踏み出せない。

頭の中が混乱、倦怠感、叫びたい衝動。
みんな働いている(働いている様に見える)のに、なんで自分だけ出来ないの?



こんな状況じゃ、応募してもまた調子崩して自らの手でキャンセルいれてしまうよね。

就活回数をおうごとにひどくなっている。
こんな自分にさようならしたい。
もうダメだ。勘弁してほしい。
スポンサーサイト



[ 2011/07/12 10:40 ] つらい物語 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する