FC2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語
月別アーカイブ  [ 2021年04月 ] 

軽快と天職。。。

今日は通院日でした。

前月に自分の「幼少期から今に至るまでの病歴」を書いた10枚くらいの紙面を先生に見てもらい、
今月もう一度自分の本当の病気を診断してもらいに行きました。

適応障害かなとも思ったんですが、診断では、


「統合失調症」


「軽快」状態

ということでした。


「寛解では?」

と聞いたら、
寛解ではないと言われました。
統合失調症では、寛解という言葉はあまり使わないということでした。(医師によるが)

「薬は減らせるか?」

と聞いたら、
薬を減らすと、活動的になる半面、ストレスが増すので、減らすには、月単位・年単位で減らしていく必要がある。
ということでした。

朝6時前に起きて、散歩もして、昼寝もせずに、21時前には寝るという健康的な今を維持していくことが大事だということでした。

調子いいから、病気がよくなったんだと錯覚するこの病気は、再発が非常に怖い。
薬を自分の判断でやめると1年以内に80%、2年以内に98%再発、しかも今時点の状態に戻ることも難しくなると聞いています。


18歳の時に自問自答した「自分は何をやりたいのか?」という答えが今になって気づいた。


主夫。


いろんな仕事をしては悩んで、病気もしてきたが、今一番ぴったりな仕事は『主夫』なんだと分かった。
収入はないが、今まで、家族のためにお金の工面から、料理、掃除、洗濯・・・などなど多岐にわたる主夫業が


『天職』


なんだと思う。
今日、病院に行って自分で考えて出た答えです。

奥さんは以前、「保育士が天職」と言っていたが、
自分は「主夫が天職」だと言える。

まあ、改めて家族に宣言するつもりはないので、ここだけの話にしておこう。


何十年も悩んできた答えが、もうすでに足元に答えが出ていたなんて(苦笑)



さあ、自分の第3の人生を謳歌しよう!。。
スポンサーサイト



[ 2021/04/09 16:37 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(0)