FC2ブログ

お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

家庭の味。。。

今日から雨と低温でどんよりしており、連休中はずっとそんな感じみたいです。
昨日は、連休中で一番天気が良くて、気温も17度まで上がったので庭で焼肉。

娘、帰ってきてまーす。
洗濯物が増えて、またどっちの靴下?と悩んでいます(笑)
話題が家庭の味の話になり、娘のおふくろの味は何?と聞くと、

「父さんはね、オムライス。」

へぇー、そりゃうれしいわ。

「母さんはね、・・・わかめスープ!」

みんな爆笑。
『わかめスープなんか誰でもできるっしょ!』
と、奥さんガクッとしていました。

今日は、友達とコナンの映画を観に行って夕方帰ってきます。
夕食は・・・

「オムライス!」

張り切って準備しました^^
トロトロ卵が難しいですが、喜んでもらえればいいなー。。
スポンサーサイト



[ 2021/04/30 16:09 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(0)

予定は未定。。。

札幌も他県と同じでコロナが猛威を振るっている。
日曜日に、急遽娘の学校からメールが。
5月11日までの授業の変更とオンデマンド授業の実施。
対面式とオンライン式を混ぜ合わせるようになったみたいで、GWも少し伸びた。
なので、早めに旭川に帰ってきて、遅めに戻ることになりそうだが、まだ予定は未定だ。
1週間の献立も定まらなくなってきた。
こればっかりは仕方ない。
明日、HRの時間に詳しい説明があるそうだ。
あいにく、GWは、雨だらけで気温も低い。
明日が唯一の晴れなので、網戸をつけて、衣替えをしようと思う。。
[ 2021/04/26 17:28 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

スターズ合格。。。

今日、娘から連絡あり、「スターズ」に合格したとのこと。
スターズとは、専門学校の主にオープンキャンパスに来る高校生の受付や案内、体験談などを話すスタッフのことです。
娘が高校の時も、毎回行くたびにお世話になった先輩方から今度は娘の番が回ってきたということで、任意だが、「やってみる。」と言って昨日面接があった。
模範生なるので、やる気が肝心です。
そういえば、1回家族3人でオープンキャンパスに行った時も、スーツをビシッと着こなしたスターズの先輩方が、輝いていた記憶が。
頑張ってほしいです。

ラインのビデオ通話で話を聞いていると、上には上がおり、もうすでに高校時代から結婚式場でバイトしていた子や、MCの資格を持っている子、先生が教材を運んでいると、すかさず手伝いに行く子などなどやる気に満ちた生徒がたくさんいるようで、仲間でもあり、良きライバルでもある友だちが沢山でき、、充実したキャンパスライフを送っているようです。
家に学校から年間行事表が送られてきて見てみると、休みも結構多い半面、授業のやる時は結構濃厚なスケジュールが組まれていました。
1年生の一大イベントでは7月にはもう「模擬挙式」をすることになっており、10月からはインターンシップも始まり、12月にはもう就職ガイダンスが始まるというあっという間の2年間になりそうです。
毎日「疲れた~。」と言っていますが、寮でのご飯がおいしいというので、一人暮らしより食事面・健康面で親は心配しなくていいので助かります。
GWは30日に帰ってきて5月4日に帰るので、その間高校の友達と会っていろいろ遊ぶそうです。
まあ、自分も学生の頃、帰省してもあんまり実家にいなかったなあと思い出しました。
今日もビデオ通話くるのかな?。。
[ 2021/04/21 15:45 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

金婚式。。。

今日は父母の金婚式だ。
50年。
すごいねえ。
15時頃に電話すると、朝はおいしい食パン食べて、昼はいつもの海鮮屋さんで特上の寿司をお持ち帰りして、今から馴染みのケーキ屋さんのケーキを食べるそうです。
本当なら、実家に戻っておいしい料亭でも孫と一緒に会食しながら乾杯したいけれど、このご時世仕方ない。
先日、姉と相談して、カメラ付きインターホンを取り付けるプレゼントをした。
父が、自らネットで買って自分で取り付けたとのことですが、録画もできるので一安心です。
父が「もう子育ても、孫育ても終わって、これからは自分の時間や。」と言っていましたが、「僕と一緒のこと言ってるやん」と言ってお互い笑いました。
カメラとグランドゴルフを生きがいに自分を楽しむ父。
近所に住んでいる妹(叔母)とおしゃべりしながら散歩を楽しみ、庭のお花を愛でる母。
長生きして自分の時間を楽しんで「ダイヤモンド婚」を目指してほしいと思いました。。
[ 2021/04/18 16:28 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(0)

過換気症候群。。。

昨日、午後から口呼吸が激しくなり、めまいがし、手が震えて力が入らず。
ソファで横になったまま、立てずにいました。
16時過ぎに奥さんが帰ってきたので、自力で運転できなかったので、頼んで近くの呼吸器内科に連れて行ってもらった。
行く前に、今の症状と体温を測ってから、来院し看護師さんに見せてしばらく待ってると先生に呼ばれたが、何の診察もせず、「めまいと頭痛の薬だしておくから。はい、もういいよ。」と帰された。
これはおかしいと思い、いつも血液を診てもらっている少し離れた内科に行って、メモ書きを見せると、先生がいろいろと診察してくれて、震える自分の手を取って、ゆっくり話してくれました。
奥さんも診察室に入って聞いてもらったところ、
「過換気」だね。
と言われました。
いわゆる過呼吸とのこと。
あと、酸素飽和度が100%でMAXだから体に酸素が入り過ぎていると言われ、呼吸法を教えてもらった。
そして、カリウム不足であると。不足すると震えやめまいがするらしい。
カリウムはバナナや納豆、乳製品に多くある、と聞いて、「全部、朝食べています。」と訴えると、自分が話した中にコーヒーの取り過ぎがあるんじゃないかと。
摂取しても、おしっこで全部流れ出ちゃう。
そういえば、最近珈琲は水のような感覚で飲み、トイレの回数も増えていた。
あとは、ストレス。
先生は「いろんなことがたまたま重なって、今この症状が出てる。」と言っていました。
「安定剤だしたいけど、りくさんは、もう(統合失調症の)安定剤色々飲んでいるから出せないなあ。しかし、薬多いね。」と。
精神科の薬はいつも多いし、それが原因で血中のγーGTPが高い、と血液検査の時にいつも言われていました。
口にビニール袋かぶせて落ち着かせる方法もあるけど今はあまり推奨されてない、とも。
ポカリスエットを少し薄めるとカリウム取りやすい、とも。
色々見て助言してくれたので、安心した。
帰ってきてから、ビニール袋を口で押えたが、だんだんきつくなったが、10分くらい続けると、少し呼吸が安定してきた。
夕食は事前に下ごしらえしてあったので、奥さんに焼いてもらい、食べた。
こういう場合も奥さんは常に冷静だ。
先に食事をとり、横になったら、だいぶマシになり、フラフラ感もなくなってきた。
食器の片づけと洗濯物干しもゆっくりだけど出来た。
今朝はいつも通り起きて、散歩にも行った。
けど、眠くなってきたので1時間半ほどベッドで寝た。
「調子、どう?」と奥さんからラインが来て、「ちょっとフラフラするけど、大丈夫。」と返信。
珈琲は朝食後にだけにしようと思ったが、昼食後もほんの少し飲んだ。(どちらもインスタントコーヒーにミルク入れて)
ドリップコーヒーやアイスコーヒーはやめた。
今日は、コーヒーを飲む回数が減ったためか、トイレには頻繁に行かなくなった。
改めて、「過換気症候群」「カリウム不足」「酸素飽和度」をPCで調べたら、先生が言っていたことと同じことが書いてあった。
この症状は、特に若い女性がなりやすく、几帳面、神経質なタイプがなる確率が高いと書いてあった。

几帳面。

あ。

ルーティーンを思い出した。
午後の1時からのウサギの掃除から、お風呂、料理は、急かされているかのように分刻みでパッパ、パッパとこなしていた。
息も口呼吸で、ハァ、ハァ、言っていたのを思い出す。
良かれと思って組んでいた流れを時間通りに生真面目に守っていたのが、知らないうちにストレスになっていたのではないか。
今日は、時間を気にせず、ゆっくりと何も考えずにいつもの流れをやってみた。
お風呂で先生が言っていた呼吸法でリラックスして入り、今、口呼吸でハァ、ハァも言わないようになっていた。

まあ、なんて繊細な自分の体!

ストレスにめちゃくちゃ弱いやん!
でも、早く気づけて良かった。
そんな昨日、今日のお話でした。。
[ 2021/04/14 14:59 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(0)

分岐点。。。

みんな何かしらの人生の分岐点はあると思います。
入学、卒業、就職、結婚、出産、死別・・・などなど。
人それぞれあり、それをうまく乗り越えていきます。
時間をかけて。

自分もいろいろな分岐点がありました。

うれしい分岐点に立ったこともありますが、辛い時の方が多いかなぁと、昼の休憩時に思い出していました。

特に、仕事の面では人よりは苦労しました。
苦労というか、巡り会わせが悪かったというか、生真面目すぎたのが原因かもしれません。
仕事の分岐点で言うと、いろいろありますが、大きい分岐点にいたのは2つ。


1つ目は、保育士時代。
はるばる、奈良から北海道にやってきて飛び込みで入った保育園で、ようやく自分のやりたかった仕事に就いたのもつかの間、前任の男性保育士の園児による性的虐待を園児が自分に訴えてきたときのこと。
なんとか、この子を助けたいと考えていたが、園長は事実を隠す方へ進め、言い合いになりました。
結局、力のなかった自分は、居場所をなくされ、午前は形だけ保育園に行き、午後に園長の命令で違う保育園に行けと追い出されました。
園長はすぐ辞めるだろうと考えていたようですが、午後の保育園で、保育士として初めてクラスに入って保育士らしい仕事を与えられ、生き生きし始めました。
それが気に食わなくなった園長が、ほぼ退職しろという言動を起こし、「辞めるなら、こっちから辞表叩きだしたる!」と考え、札幌の児童会館の指導員の仕事に14倍の倍率でつかみ取り、辞表を叩きつけ出ていきました。
しかし、保育園と児童会館では、子どもたちの年齢や仕事内容が異なり、自分の望んでいた仕事ではなく、ただただ園長を見返してやりたいという意気込みだけだったことに気づき、嘘をついて、3日間で児童館の指導員をやめました。
そこからは、半年間北海道から離れてまた北海道に戻ってきて、接客の仕事へ。
もし、あの子が被害を自分に訴えてなかったら、保育士をやっていたんだろうか。
今、あの園児は心にあの事件を覚えていないことを願いたいし、前任の男性保育士が許せない。
子どものそういった事件がテレビでたまに事件化したら心がグサッとくる。
自分の力不足、知識不足が悔しい。
園長は、随分前に亡くなったらしいが、まさしく人生の分岐点を作った人物だ。
この人物がいなければ、今の奥さんとも巡り合っていないと思うと、複雑な心境になる。
自分の正義感だけ先走ってしまった分岐点だった。


2つ目は、家族を優先した時の分岐点。
ホテルのフロント時代、いろいろ大変だったが、みんなで盛り上げてきた仕事で、やりがいはありました。
しかし、お客様からのクレームのオンパレードのフロントという部署は、ストレスがたまり、勤務も夜勤が多々あり、夜勤じゃなくても、遅番からの早番というシフトは、帰宅に1時間かかるため、帰る時間がなくホテルの部屋で仮眠することもあり、最高26時間連続(仮眠なし)働いたときは、手足が痺れたのを思い出す。
ちょうど、娘も、人見知りするころで、久しぶりに家にいると、奥さんの足元にとっさに隠れた姿を見て、
「これじゃいかん。これからは家族の時間を持たないと。」
と考え、いろいろ探して、自宅から車で20分くらいの土日休みの機械リースのフロントというデスクワークの会社に転職。
ホテルで一緒だったみんなから「いいな~」という声に「どうだ!」と意気込んで会社に入ったものの、ご存知の通り、2人の上司からのパワハラ、業務多忙、宗教チックな社訓で7ヶ月で病気を発症。
あのまま、ホテルのフロントにいたら、いずれ、アシスタントマネージャーからマネージャーになり、2つ下の先輩だった人は今、副支配人になっています。
でも、多分、ストレスで体はボロボロになり、髪の毛も抜けて禿げてたかもしれません。しかも、このコロナで、今現在GWまで休館中とのこと。
人員削減されていたことでしょう。
イクメンという言葉がまだなかったころ、家族と一緒にいる時間を考えて転職した人生の分岐点。
結果えらいこっちゃなことになってしまいましたが、家族との時間はほかの同期の友人たちよりはずいぶん長く持てたと思います。

どっちの分岐点も、自分で選んだ道。
文句は言えませんし、もう関わった人に憎しみも、恨みもありません。

今日、お昼の休憩でソファで横になっている時に、走馬灯のように思い出され、フッと心の中で笑ってしまいました。
みんなそれぞれ大変やけど、自分もおもろい人生歩んでるなぁと。

次の人生の分岐点は、楽しい分岐点に立ちたいと思います。
自分の好きな歌手が歌っていました。

「人生どれくらい生きるかは神様だけが知っていることだけど、どう生きるかは自分次第。」だと。。
[ 2021/04/12 17:13 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(1)

きっと大丈夫。。。

娘が札幌に行って1週間が過ぎました。
今日、学校で使う教材が届いたとラインがきました。
専門書と道具がビッシリ。
月曜から本格的に授業開始です。

春になり、自分のルーティーンが定まりつつあります。

朝6時前に起きて、麦茶1杯飲んでからゴミ出し。
朝食を済ませてから、ストレッチをして新聞読み。
BSの「おちょやん」を見てから、堤防へ散歩。
散歩は200Mくらいを2回ランニングして、心拍数を上げます。(内科の先生より指導されました)
ちょうど、冬の雪かき程度の心拍数です。
約15分の散歩の後は、コーヒーを飲みながら、パソコン見ます。
ある程度見回ったら、スクラッチアートを1時間から1時間半、音楽かけながら作成。
11時過ぎに昼食。
12時20分までニュースを見てから、ソファで13時まで横になって休憩。
13時からうさぎの世話をして、即お風呂に入って体をきれいサッパリ。(牧草アレルギー・イネ科)
お風呂から上がると、猫がおやつをねだりに来るので、1スプーンあげてから夕食の仕込み。
小1時間台所に立って、済んだら、パソコンを見てテレビのコロナ感染者情報を確認。
娘が札幌に行ってから夕食は楽になりました。奥さんは、つまみ程度しか食べないので、1汁2菜と少なめ。でも、味噌汁は豪勢になりました。
準備が終わったら、新聞の編集後記を切り取り、書き写し。
そのあとは17時頃まで小休憩。
奥さんが帰ってきたら、夕食の準備をして、2人でいただきます。
20時過ぎに睡眠薬を飲んで20時半過ぎには眠気が来て、寝室に行って就寝。
8時間半くらいの睡眠になりました。
以前は11時間以上寝ていましたが。
コントミンが無くなって、去年の秋頃からだいぶ楽になりました。

まあ、そんな1日のルーティーンができました。
そこに予定外の事が入ってもうまく乗り越えられるようにしていきたいです。
今の自分なら、きっと大丈夫。。
[ 2021/04/10 15:48 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(0)

軽快と天職。。。

今日は通院日でした。

前月に自分の「幼少期から今に至るまでの病歴」を書いた10枚くらいの紙面を先生に見てもらい、
今月もう一度自分の本当の病気を診断してもらいに行きました。

適応障害かなとも思ったんですが、診断では、


「統合失調症」


「軽快」状態

ということでした。


「寛解では?」

と聞いたら、
寛解ではないと言われました。
統合失調症では、寛解という言葉はあまり使わないということでした。(医師によるが)

「薬は減らせるか?」

と聞いたら、
薬を減らすと、活動的になる半面、ストレスが増すので、減らすには、月単位・年単位で減らしていく必要がある。
ということでした。

朝6時前に起きて、散歩もして、昼寝もせずに、21時前には寝るという健康的な今を維持していくことが大事だということでした。

調子いいから、病気がよくなったんだと錯覚するこの病気は、再発が非常に怖い。
薬を自分の判断でやめると1年以内に80%、2年以内に98%再発、しかも今時点の状態に戻ることも難しくなると聞いています。


18歳の時に自問自答した「自分は何をやりたいのか?」という答えが今になって気づいた。


主夫。


いろんな仕事をしては悩んで、病気もしてきたが、今一番ぴったりな仕事は『主夫』なんだと分かった。
収入はないが、今まで、家族のためにお金の工面から、料理、掃除、洗濯・・・などなど多岐にわたる主夫業が


『天職』


なんだと思う。
今日、病院に行って自分で考えて出た答えです。

奥さんは以前、「保育士が天職」と言っていたが、
自分は「主夫が天職」だと言える。

まあ、改めて家族に宣言するつもりはないので、ここだけの話にしておこう。


何十年も悩んできた答えが、もうすでに足元に答えが出ていたなんて(苦笑)



さあ、自分の第3の人生を謳歌しよう!。。
[ 2021/04/09 16:37 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(0)

すごいなあ。。。

今日は、娘の専門学校の入学式。
11時の高速バスで奥さんが札幌へ行きました。
保護者は1名しか行けないので、自分は、義父母の家に行って一緒にパソコンで入学式を観ます。
3日間のオリエンテーションも無事終わり、友達もたくさんできたようで、寮のご飯もおいしいそうです。
人見知りしない彼女はほんとにすごいなあと思います。

そして今日は、歯医者へ定期検診に行きました。
来週に予約しようと電話したところ、今日空いてるとのことで、奥さんを駅前まで送ってから検診へ。
自分は鼻呼吸が苦手なので、口を長い時間空けると息が吸えなくて窒息しそうになります。
前回から、歯科衛生士さんに「鼻呼吸できないので、歯石取るときはちょっとづつ休憩入れてもらえますか?」と言ってから検診。
ちょくちょく「楽にしてください。口を開けてください。」と小刻みにやってくれるので、苦しくありません。
しかし、口腔歯科関係のお仕事も技術のいる仕事なので、やってもらいながら、すごいなあと感心していました。
最後に、副院長先生が、チェックして「また半年後に来てください。」とニッコリ。
娘も奥さんもお世話になっているので、近況報告をして帰ってきました。

今日は一人なので、焼き弁買ってシャワー浴びて洗濯して一人・・・いや、うさぎとねこと3人でゆっくりする予定。
明日は、通院日。
どうなることやら。。
[ 2021/04/08 14:47 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(0)

さいなら!。。。

午前中に娘を駅前まで送っていきました。
奥さんも寮にお泊り。
自分は、GWまでしばしのお別れ。
駅前の駐停車場で車を止めて荷物下ろして、

「さいなら!」

『さいなら!』

とお互い言って、娘とハイタッチしてお別れしました。

寂しい気持ちはありません。
嬉しい気持ちの方が大きかったです。
あー、スッキリ!。。
[ 2021/04/04 15:09 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(0)

「芯」は作った。。。

明日、いよいよ娘は札幌へ。
今日は、家族3人でかわらそばを作って食べます。
周りからは、「泣くでしょ?」「寂しいでしょ?」と言われるが、「全然。」と答えています。
娘が巣立っていくことは、自分の仕事も一段落したと考えているからスッキリしています。

人間の「芯」は18年かけて作った。

そう感じます。
あとは、どうその「芯」に肉付けしていくかは、彼女次第。
ちゃんとした「芯」は作ったと思います。
どんな花が咲くだろうか。

娘の名前の由来にもある、いろんな芽を出し、いろんな花を咲かしてほしい。
(いろんな世界を見てきなさいという意味合いがあります)

さあ!行ってらっしゃい!!。。
[ 2021/04/03 14:22 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)