お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

安静。。。

昨日は通院日でした。
非常に眠かった。眠いのと注意散漫でやばかった。
一昨日から音に敏感になり、テレビでイライラしていたし。
眠いのに、神経がピーンと張った状態。
そのこと先生に言ったら、
『仕事、忙しすぎるんじゃない?頑張りすぎだわ。』
と言われた。
次回は1週間後に来るように言われ、神経過敏を抑える筋肉注射をした。
筋肉注射、痛いねえ。
2,3日安静にとも言われた。
なので、土日は家にいようかなと。
今日は12時間眠っていました。
「(職場の)除雪も毎日あったからじゃない?」
と奥さん。
確かに。。。
あれもこれもと動き回っていたし、自分にもプレッシャーかけて変に焦りもあったし。
これが「頑張りすぎ」なのかなあ。
もっと、おおらかに生きたいものです。
スポンサーサイト
[ 2009/02/28 16:40 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(3)

のろのろと。。。

20090224195237

何に乗っているかわかりますか?


ショベルカーです。。


会社の除雪で使っています。
会社と工場の二か所を一台で使っているため、こうやって公道をのろのろと移動させなければいけません。
時速20キロくらい。
会社と工場は約11キロ離れているので、移動は約50分。
ガタガタ揺られながら50分。
なーんか、

「人生こんなものだよ。ゆっくりいこうよ。」

そう言われているような気がします。

[ 2009/02/24 19:52 ] 仕事の物語 | TB(0) | CM(2)

幻聴。。。

昨日の「ピア・ミーティング」でも、幻聴に苦しんでいる人が多くいた。
りくもその一人。

幻聴・・・幻の声?周りには聞こえない声?と一般の人はとらえるでしょう。

原因はまだ不明だそうですが、今は脳の伝達物質ドーパミンによる過剰分泌によっておこるという説が最も有力視されています。
そう言われても、本人はそんなこと知りませんでしたから、突然頭に意識していない声が聞こえてくるんですもの。
ビビります。。
声は人によって違うそうですが、りくの場合、男の声でちょっと高めのトーンでしゃべる声でした。
主に、りくを罵る、罵声を浴びせる、あざ笑う声が聞こえてきました。
他人にそんなこと言われると誰でも気分が悪くなるのに、得体のしれない声で頭の中に響く毎日、言われるとたまったものじゃありません。

誰だっておかしくなりますよ。
おかしく見えますよ。。

これは統合失調症の「急性期」に起こる症状で、薬で抑えることができます。治療は早ければ早いほうがいい。
りくは2006年5月に症状が出て、その時病院で薬の量を変えてもらったら、一時的におさまった。
神経が過敏になっていると言われました。
そして2007年5月にまた症状が出て、今度は今まで飲んでいた薬をガラッと変えて抗精神病薬を飲むことになった。
この時に統合失調症と診断されたんだと思います。
告知は2008年2月でしたが。。

時間のある方、よろしければ「続き」を読んでみてください。
そこにはりくの日記があります。幻聴の症状を抜粋してみました。
楽しい文面ではありません。
でも、これが事実で、りくが歩んできた道です。
少しでも、幻聴とはこんな症状で、100人に1人の確率でなる病気なんだということを感じていただければ幸いです。

Read More

[ 2009/02/22 16:09 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(0)

ピア・ミーティング。。。

今日は旭川で第一回の「ピア・ミーティング」に参加してきました。
「ピア=仲間、対等」という意味で、精神障害者の当事者が自分の言葉で話す集まりでした。
80人くらい参加していました。
発言者は12人で9割が統合失調症の方。
同じ症状で同じ苦しみを味わってきた仲間に共感を覚えました。
症状で入退院する人も、仕事に失敗した人も、結局は地域活動支援センター(作業所)にとどまっていました。
福祉から一般就労することは本当に厚い壁があることを感じさせられ、また今自分がいる状況がどれだけラッキーなことか思い知らされました。

現実は相当厳しい。この先も厳しい。でも、生きなきゃ。

草の根的な集まりですが、もっとこういう機会を増やしてみんなに知ってほしいと思います。
[ 2009/02/21 20:37 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(0)

通院日。。。

今日は通院日でした。
病院に行ったら、だれもいませんでした。
こんな日もあるんですねえ。。
すぐ診察でした。

「これから春になっていくと毎年調子が悪くなるので、不安です。今年は、娘の卒園式や入学式もあってペースが崩れてしまって、それが仕事に影響するのが怖いです。」

と言いました。
春は、世間はやれ卒業だ、やれ旅立ちだ、入社、入学、、楽しい!楽しい!とあおりたてますが、精神疾患の我々にとっては結構苦痛なんです。
なんか置いてけぼりにされた感じがして落ち込んでしまうんです。
孤独感、焦燥感、挫折感など。

『あまりハイペースにならないようにコントロールして、今の薬で乗り越えていきましょう。もし、おかしいと思ったら言ってください。』

と先生。
今年は変動が身近にあるので、うまくその波を乗り越えて行けるようにしたいです。

『休みの日は、あまりレクリエーション入れないでゴロゴロするくらいがいいですよ。』

と先生。
4月から土曜日は娘も休みなのでゴロゴロできないよー。
うまいことリフレッシュしないと。。
春、近し。。(汗

[ 2009/02/13 17:59 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(1)

卒業します。。。

2006年4月26日から続けてきたこのブログ、娘の卒園式の翌日3月21日土曜日でやめようと思います。

卒業ですね。。

うつ病を発症し、メンタルヘルスのチャットで多くの仲間と知り合い、ブログをはじめ、様々なことを思い書いてきました。
つらいことをたくさん書いてきました。書くことで自分を保とうとしていたんですね。
そして、後半にはうれしいことや子どものことを多く書くようになりました。

でも、そろそろ現実の世界に戻ろうかな、て。。
病気はまだまだ続きますが、もうブログに書かなくても生きていけるかな、て。。
最近、そう感じています。
だから、卒業です。
もちろん、3月21日までブログは更新していきますので、引き続きお付き合いくださいね。
また、メールでお話ししている方は今まで通りこれからもお付き合いください。

一歩一歩自分のペースで前へ進んでいこうと思います。
[ 2009/02/11 19:45 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(7)

ニュージー。。。

去年の9月にダメもとで出したニュージーランドの友達2人からメールが届きました!

Wow!て、感じです。

いやいや最後に会ってから14年ぶりの言葉のやり取りです。
彼らは5年前に結婚し、3人目の子どもが生まれたと書いてありました。写真も添付されており、なつかしさがあふれだしました。
早速、受験で使った辞典を引っ張り出し、返信メールを。。なんせ話したいことはたくさんあるのに、なかなか手がおっつきませんでした。
こっちも写真添付して送信。
あっちは南半球だから今は夏。南の何千キロも離れたところに自分を知ってくれている人間がいるなんてなんか不思議。
お互いメールのやり取りしようね、と締めくくったので、また返信来るかなあ。
英語、もっと勉強しようと思った。
そして大きな夢ができた!
何年後かわからないけれど、娘連れてニュージーに行って、彼らとその家族に会おう!
勉強して英語力またつけよう、と興奮気味のりくなのでした。
[ 2009/02/06 16:23 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(2)