お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

一途の光。。。

今日朝一で社会保険事務所に障害年金の申請書をもらいに行きました。
今時期、うわさの年金問題で気が付けばたくさんの人が来ていました。
担当の方から、書類の説明を受け、そのまま病院に直行。
先生に診断書をお願いしたら、快諾してくださり、時間は下さいと言われた。
見るからに細かな診断書でしかも2枚ある。
前回の手帳の診断書ように長くかかりそうですが、年内にもらえればと気長に待つことにします。

それから統合失調症のことでわからないことがあったので聞きました。
「この前、先生は統合失調症と病名を言われましたが。」
『はい。』
先生のうなずきであぁ、やっぱりそうなんだと改めて実感しました。。
「寛解はするけれど完治は難しいと聞いたんですが、本当なんでしょうか?」
『今は新型の薬が出てきて、りくさんが飲んでいるジプレキサも非定型(新しい薬の事)だから治っていきますよ。』
「薬を飲まなくなる日も来るということですか?この前、3,4年飲むといっていたのは今の薬を続けて飲む期間なんでしょうか?」
『完治というか、薬がなくなることはあります。でも、再発が高い病気ですからそれぐらいの期間を維持する必要があると考えます。』


可能性として薬を飲まなくなる日が来る。
無論、無理をしたら再発する。
生涯、その爆弾を抱えていかなければならない。
でも、長い年月飲むことになるけれど、生きていけるんだ。

暗闇の中から一途の光が見えた気がします。
そしてこの病気のこと、また少し受け入れられたんじゃないかな。。
スポンサーサイト
[ 2008/03/31 12:01 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

告知。。。

何からどう話せばいいのかまだ自分の中でも整理しきれていない状況です。
昨日の診察で告知されました。
「薬はどれくらい飲むことになりますか?」と先生に聞いたら『少量維持型で長く飲むことになる』といわれました。
『ドーパミン、セロトニンも抑えられ安定しているし、神経的な過敏も今は収まっているし。統合失調症の気があるから。』


・・・。
開いた口がふさがらないとはこういうことなんだと思いました。
確かに、去年の春過ぎに幻聴が聞こえてから薬がガラッと変わり、その薬の中に統合失調症の人が飲む薬があることは知っていたのでさらっとは知っていましたが、まさか先生の口から統合失調症と言う言葉が出るとは思ってもいませんでした。
「え?統合失調症の症状があるんですか?」
再度問い返したら、
『症状はある。』
と返ってきました。

まさか・・・。

デイケアに行った後、スタッフのKさんに事情を話したら、症状が出ているだけなのか、病名としてつけられたのかによって今後の進み方も違うといわれ、もう一度先生の口から聞く事にし、まれなケースとして再度診察室に行きました。



『統合失調症です。』



今度は確実でした。
先生が言う「少量維持型」で長く薬を飲むことになる、てこういうことだったんだと分かった。
この病気は寛解はしても完治は難しいといわれています。
再発も高く、薬も長期にわたって飲むことになります。
長期、てどれくらい?(次回の通院で聞こうと思う。)
何でこんな事になったの?


なんで?

なんで?

なんで?

デイケアで一人呆然としていたら主任のスタッフの方も声をかけてくださり、いろいろ説明してくれた。
その病気になったからといって、何もできなくなるわけでもないし、人格が変わるわけでもない。普通に生活できるし、仕事している人もいるから大丈夫だと。
分かっていながら、受け入れられない自分がいた。
家に帰ってから、ネットで統合失調症の情報を食い入るように読む。
理解したような、してないような。

奥さんに報告した。
ショックで泣くかなと思ったけれど、静かにりくの話を聞いていた。
『なったものは仕方ないよ。前向きに行くしかないよ。』
といったけど、内心相当ショックだったと思う。

障害年金、申請しようと思う。
時間はかかると思うけれど、もらえるものはもらい、支援してもらえるものは支援してもらおうと思う。

自分の中でまだまだ受け入れられていない事が多々あるので、少しずつ噛み砕いていこうと考えています。
[ 2008/03/29 14:44 ] 病気の物語 | TB(-) | CM(-)

4年目の決意。。。

昨日で初診から丸3年経ちました。
3年前と比べると良くなっているのは確実ですが、今だに治ってないのも事実です。

長い。。

両方の親は『ゆっくり治せばいい。』と言ってくれますが、「そうも言ってられない。」と思うのが今の心境です。
焦りではなく、現実問題として何かアクションしないといけない時期が来ていると感じています。

現実の世界でも、ブログの世界でも何かから一歩踏み出した人からは勇気をもらい、逆に社会復帰につまづいた人からは明日は我が身と不安をもらいます。
でも、みんなそれぞれ一生懸命生きていることには間違いない。
りくはりくなりに一生懸命毎日を過ごそうと努力している。
社会復帰に関しては病気を隠さず働くことを選んだ自分。

いつかそれが正しかったと子どもに伝えられる日を信じ、前に進んでいきたいと思います。
[ 2008/03/26 10:35 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(6)

ふたりの約束。。。

昨日のお酒の話、奥さんに言ってみた。
『(飲めるようになるまで)あともう少しでしょ。
私もワイン系は飲まないことにしてる。
りくと白ワイン飲む約束してるから。。
でも、ビールは飲むよー♪』
だそうです。

うれしかった。
素直にうれしかった。
「そんな、別にいいよ、無理しなくても・・・。」
と言ったら、
『無理してないから。』
とビーフジャーキー片手にビールを飲んでいた奥さん。

ありがとう。。

りくも約束守ります。
裏切っちゃいけない。
自暴自棄になってお酒に走りそうになったら、今日のことを思い出そう。
そうこころに決めるりくなのでした。。

にしても、娘よ・・・。
ビーフジャーキー食い過ぎじゃないかー?

ハマりすぎ。。

こりゃ、酒飲みなること間違いなし。。
[ 2008/03/25 09:55 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(5)

どうして。。。

20080324162716
はい、ビーフジャーキーです。
山形から帰ってきた義父母からのお土産。
今、夕食作りの時に一口・・・
うまい!

これはビール・・・いや白ワイン・・・

赤ワインだな。。

たまにりくはおいしいものを口にするとどんなお酒が合うか想像します。
お酒の中でもワインが好きだったりく。
いつもは奥さんに口にするのですが、今は一人。
赤ワインだなと考えつつ、今は飲めないんだと思うと悲しくなってきました。
日ごろお酒を飲まないし、弱い人間でも飲みたくなる衝動に駆られるときがあります。

先生はお酒はだめと言った。
お酒と薬は肝臓で一緒に消化できないので負担がものすごく肝臓にかかること。
酔った勢いで自殺してしまうケースが多い事。

これは正論。
頭の中でわかっていても、どうして飲んじゃいけないの?と今考える。
自業自得でなった病気なら仕方ないと諦めがつくけれど、うつ病、て自分だけのせい?
怒りと恨みが沸々とこみ上げてくる。
あいつらに、あの会社に、そして自分自身に。。
そのためにお酒も飲めないなんて。
病気を知らない親戚に「何だ飲めないの。挨拶も知らないやつだな。」というようなことも宴席で皮肉を言われたときもあった。

ビーフジャーキーなんて食べなきゃよかった。

お酒をあおるぐらい飲み干してやろうか。。


でも、一度手を出したら止まらない自分の姿が想像つく。


お酒は病気が治るまで飲まないんだ。
奥さんと白ワインで乾杯すると約束したんだ。

だから、飲まない。
がんばる。


くそっ、
目頭が熱くなってきた。。

[ 2008/03/24 16:27 ] つらい物語 | TB(0) | CM(4)

カンパイの日。。。

先ほど、義父母が山形から帰ってきました。
りくたちが駅までお迎えに行ってきました。
そして今夜は「カンパイ」に行きます。
娘の解釈では居酒屋に行く事が「カンパイ」になります。
奥さんのDNAを引き継いだのか、娘も飲みに行くのが好きみたい
もちろん、りくはウーロン茶ですが。
調子も上がってきました。
このまま平行線上に今週も過ごせたらいいなあと思います。

[ 2008/03/23 15:35 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(2)

まもなく。。。

ジムのランニングマシーンで走っている時に思い出しました。
あ、そういえばまもなくだ・・・。

3月25日。

初めて心療内科を受診した日。

丸3年になります。
前日の24日にフラフラになりながら街中のクリニックを受診しようとしたら、
「一度脳神経科で受診してからウチに来て下さい。」
と問診もせずに追い返された。
再度、違うクリニックに電話したら予約でいっぱいだと断られた。

あの日は小雨の中、打ちひしがれたのを今でも覚えています。
今の病院は次の日会社を休んでわらをも掴む思いで飛び込んだ。
スーツを着て今にも泣き出しそうな状態で待合室にいた。

頭の中には「絶望」しかなかった。

結局、その日は会社に行けず、ソファに倒れこんだ。
その後の記憶はほとんど覚えてない。

うつ病になったと泣きながら言ったら、奥さんも泣いた。
「会社辞めな。」
て言ってくれた。

会社の上司は「うつ病とウソついて辞めようとしてないか?」なんて言われ、診断書書いてもらって投げつけてやったら、「オレのせいじゃないよな。」と自分の体裁を守ろうした。
こんな会社だった。人間も体質も・・・。
こんなことも見抜けなかった自分を責めた。
今でも悔いることがある。

すべてのものをマイナスに考えさせるうつ病。
そんな暗闇からわずかな光を見つけ出し、這い上がろうとする。
死を見つめながらも生きようとする力。
そんな力を頼りに今まで生きてきた。

3年前のような生き方は出来ないけれど、今の自分を見つめながらどう生きていくか模索していこうと思います。。
[ 2008/03/21 10:41 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(3)

スイカ。。。

20080320104255

スイカを食べる娘。
もう夏か!?
いえいえ、まだ雪解けが始まった季節です。
それなのにスイカとは・・・。

義父母が買ってきてくれました。
この時期のスイカなんて高いに決まっている。
しかも、瓜くらいの小ささ
でも、孫の一声には弱い、相当弱い2人です。
りくも頂きましたが、

水っぽい・・・

保育園から義父母の家に寄って我が家に帰ってくるときは、娘のおなかはポンポコリン
おやつにアイスにジュースに・・・お姫様、いやいや女王様のようにわがまま言いたい放題な娘。

「あのー、夕ご飯食べなくなるのであまり食べさせないでくれます~?」

とは、言えない。。
自分の親なら言えるのですが。。
そんな経験した主婦は多いはず。

まあ、これも親孝行なのかなと思い、食べ残した娘のおかずを食べるりくなのでしたー

[ 2008/03/20 10:42 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(2)

回避。。。

今日はジムの日でした。
でも、体育館の入口まで来てあまりの人の多さに立ち止まり引き返しました
そのまま、いつもの珈琲屋さんに回避
無理は禁物です。

昨日、奥さんに今の気持ち、精神的に不安定だということを言いました。
奥さんと話すうちに少しは落ち着きました。。
今はこのままの道を進んでいこうと思います。
デイケアは2週間に1回の診察日に行こうと今のところ考えています。

夫婦で話し合って一つ一つ問題をクリアしていければいいなあと思います。
[ 2008/03/18 10:34 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)

文字にしてみた。。。

相変わらず、こころがザワザワして頭がキーンと張り詰めた状態で結構つらいです

これでいいのかという先行きの不安とこのまま前に進むんだという気持ちが交差しています。

弱気な自分に負けないぞ。
今の道は間違ってない。
必ず働いてみせる。

文字にすると少しは楽になる。

今日はいつもの珈琲屋さんで苦味の強いフレンチローストいただいています。

ふぅ。。

明日はこんな気分から脱出したい。
[ 2008/03/17 10:30 ] つらい物語 | TB(0) | CM(3)

イライラ。。。

昨日は診察とデイケアの日でした。
先生にこの頃、急に不安になったり、イライラして心がざわざわすると伝えると、
『この時期は出世だの転勤だの世の中あわただしいからね。一人取り残されている気がするんだろうけど、りくさんはりくさんのペース、マイペースでやっていけば大丈夫ですよ。』
と先生。
先生が言うとなぜか安心する。

そのあと、デイケアへ。
ところが、いつもの談話室ではCDプレーヤーで大音量で演歌を聞いている集団が。。

イラっとした。

なんなのこいつら。

珈琲入れてテーブルに座ったけれど、スタッフも注意するわけでもなく、イライラが増すばかり。
リラックスルーム(一人になりたい人の部屋)に逃げ込んだ。
自分でイライラ感を抑え、音楽も終わったので談話室に戻ると、また違うMDをかけ始めた。

はぁ?

隣のテーブルでは設定プログラムの「手話」をしていてもお構いなし。
さすがにプログラムの進行をしていたスタッフが音量を下げるようにお願いしていた。
それでもりくのイライラ感は収まらなく、「帰ろう。」と思って受付に鍵を返しに行った。
受付には主任のスタッフがいて
『もう帰られるんですか?』
と。
「具合が悪くなったんで帰ります。
あの、さっきCDプレーヤーで大きな音で音楽聴きいていた人たちいましたよね。その音が頭に響いて気分が悪くなったんです。」
と言った。
主任スタッフの方は申し訳なさそうにその人たちには伝えておくし、これからも何かあったらスタッフに言ってほしいと言いました。
『これに懲りずにまた来てくださいね。』とも言われた。

つかれた。。
他愛もないことなんだけど、こんな事で敏感になる自分もイヤになる。
自分を責めてしまいそうなので、家に帰ってから1時間半寝ました。


はぁ~、デイケア・・・どうしようかな。

デイケア、障害者職業センター、ハローワーク、もっと連携しているように思っていたけど、案外関係は薄いようです。
要は自分で動いて判断しないといけない感じ。

奥さんともいろいろ話し合ったけど、もし来週までまだこんな気持ちならデイケアはしばらく休もうと思います。

早く手帳こないかなー。
[ 2008/03/15 12:44 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(1)

つぶやき。。。

これから、

これからどうなるんだろう。。

春の陽気がなんだかこころをざわざわさせる。
新入学、引越し・・・TVで最近よく目にする。
さっき、洗濯たたみながらTV見ていると
「ドン ドン ドン。
カツ丼 ドン」
応援団風の男性が出ているCMを見て凹む。

応援するなよ。。

泣きたくなる。



[ 2008/03/13 11:32 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(5)

花壇。。。

先日、奥さんの保育園で来年度の担任発表がありました。
今は乳児の担任で4月からは4、5歳児の年中組を担当する事になりました。

このクラス、子どもも親もなかなか手ごわいようです。
なんでも、3、4歳児で経験すべきこと、伝えることがあまり出来ていないまま年中組になるようで土台が出来ていないそうです。
まず「人の話を聞くこと」からはじめると言っていました。

パートナーは4年目に入る若手の先生。
予定ではその先生が年長まで受け持つそうで、奥さんは来年度の1年間をかけて基礎を築く重要な立場だそうです。
昨日、その若手の先生に言ったそうです。

『わたしが土を耕して種を蒔くから、その後花を咲かせるのも、枯らすのも、摘み取るのも先生しだいだよ。
だから、この1年でいろいろ勉強してねー。』

なるほど。。
「後輩を育てるいい言葉、いいプレッシャーだね。」
とりくは言いました。
奥さんの下で働く人はラッキーだと思う。
りくが言うのもなんだけど・・・。


りくは奥さんのために何ができるんだろう?


料理、掃除、洗濯、子どものお風呂。。

・・・。

でも、これ、て 今もやっている事ばかりじゃん!


「出来ることあったらなんでも言ってねー。」と言っといた。


『あー、ビール飲む回数増えそう。。』と奥さん。

飲んくれ・・・。


[ 2008/03/12 10:46 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(0)

職業評価。。。

今日は障害者職業センターへ職業評価の結果を聞きに行ってきました。
この前やった適性検査の結果がグラフと文面になっており、説明してもらいました。

(適性検査)
・処理速度よりも確実性が高く、全体としてほとんどミスがない。
・比較的得意なのは、計算や間違い探し、苦手なものは図形の見極め、目で見たとおりに手を動かすこと、あと運動速度の低下。
・作業についてはある程度集中して取り組んでいて良好だが、スピードを求められる職業では過度のプレッシャーがかかる怖れもある。

(性格検査)
・あまり批判することなく黙々と仕事をするが、頼まれた事は「ノー」と言えない。自分が世話をしないと気が済まないといった傾向が見られる。
・周囲からの評判は高いタイプだが、過度に無理をしていたり、あるいはあまり「自分のために」ということをしないため疲れていくという可能性がある。

(今後について)
・家事やデイケアへの参加などを通して、集中力を継続する力を向上させる。
・ストレスや負担が大きいと感じたときには、自分の信頼できる人に相談するなどして、自分で抱え込まないようにする。

簡単に書くとこんな感じでした。
文字にされると改めてそうなんだなと思いました。

手帳が出来たら、いざハローワークへレッツゴーです。
根気よく、自分にあったところを探していこうと思います。
[ 2008/03/11 11:52 ] 仕事の物語 | TB(0) | CM(3)

戦い。。。

「今まで戦ってきました。
これからも戦っていきます。」

美輪明宏さんが言った言葉です。
彼(彼女?)にはあまり関心なかったのですが、この言葉はとても気に入りました。

みんな何かしら背負って戦っていると思います。
病気している人、特に精神的な病を抱えている人はそれプラス重いものを背負って生きています。
病気を表沙汰にする事も出来ず、自分の中で苦しみに耐えて戦っている。
何日も、何週間も、何ヶ月も、何年も。。
すごいことです。

治すんだ。

また違った自分になったとしても、それはそれでいいんだと思う。

りくの病との戦いはまだ続きますが、生き抜いていこうと思います。
[ 2008/03/10 10:30 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)

春近し。。。

今日からしばらくはプラスの4,5度の気温になりそうな旭川。
陽射しがだいぶ暖かくなりました。
もう、春近いですね。
今年は幾分暖かい日が早く来ているとテレビで言っていました。

春はあまり好きではありません。
卒業、入学と世の中が新しい出発であわただしくなるからです。
それに取り残された気分になります。
以前は体調悪化していましたが、今年はそこまではならないと思います。
あくまでも、マイペースでいこう。
「4月の下旬に手帳出来るんだから、それを励みにしたら大丈夫じゃない。」と奥さん。
それもそうだな。

デイケアは奥さんと話し合った結果、これからはお昼で帰ってくることにしました。
無理してそこにいても仕方ない、家で家事しているほうが有効的だと判断しました。
今何が必要なのか吟味しながら前へ進もうと思います。
[ 2008/03/08 13:10 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(4)

デイケア中です。。。

只今、デイケアに来ています。
いつもはお昼ご飯食べたら帰っていたんですが、がんばって午後の部も参加しようとしているところです。
初めて設定プログラムにも参加しました。

「頭の体操」

小学生レベルのクロスワードと計算、漢字をみんなでしました。


・・・。


つまらない。(←あ、言っちゃった)


相変わらず、メンバーの人とも話していません。


・・・。


なんか違う。(←あ、また言っちゃった)

居心地悪いわけではないので、まあ、いいかと思っています。
午後を過ごしてみて体調に変化なかったら、次回からはまたお昼までの参加にしようと思います。
りくはスタッフにアドバイスもらえればいいという方向性だし。

先生がお昼ご飯食べにデイケアへ来た。
へえ、ここで食べるんだと思って見ていたら、お弁当におかずに、カレー2杯食べてた・・・。

食い過ぎじゃないか、ジョンレノンよ。(←先生大ファン)
しかも、早食い。
ギャル曽根並でしたー。

午後はDVD鑑賞。
きみまろを見るそうです。
[ 2008/03/07 13:03 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)

「明るいうつの会」。。。

昨日はずっと家に一人でいたので、かなりテンション低くてうつうつでした。
家族が帰ってきても気分は晴れずにいました。
無口・・・。
重い空気が漂い、マイナスな事を考えてしまいがちです

ジムの日を増やそうと思います。
そのほうが精神的にも肉体的にもいいんじゃないかと。。
来週から実行です


ところで、今日の朝刊に旭川で「明るいうつの会」が発足したという記事がありました。
民間が作った組織としては旭川初で、うつ病患者同士悩みや相談をするピアカウンセリングをメインに活動し、行政も注目していると書いていました。
HPとかあるのかな?
あとで検索してみよう。
今のところ、りくは参加するつもりはありませんが、そういう組織が出来たことがうれしいです。
うまく軌道に乗ってくれればと願います。

今日はいつもの珈琲屋さんでホットカフェオレを砂糖付きで注文しました。
うつうつモヤモヤしていた気分も砂糖の甘さで緩和された気がします。

ホッ。。
[ 2008/03/06 10:38 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(6)

何もない日。。。

昨日から考えていました。

「明日何しよう。。」

何も予定が入っていないんです。

ジムにも行ったし、デイケアも行くのにお金がかかるし、連続して珈琲屋さん行くのもなあ・・・。


結局、何もしていません。
朝も定時に起きれませんでした。
人間何も予定がないと起きれないもんですね。。
働いていたときは「休みがほしい、休みがほしい。」と思っていましたが、たまに休むからうれしいのであって毎日休みだとつらいものがあります。


働きたい。

もうこんな生活はイヤだ。。
[ 2008/03/05 13:31 ] つらい物語 | TB(0) | CM(3)

改装。。。

20080304103253
いつもの珈琲屋さんが改装されました。
今までカウンター7席だけだったのが壁を壊して奥にテーブル席を4つ設けました。
なんかシアトル系カフェぽくなり、メニュー表も一新。
気に入ったのはカウンターは禁煙席、テーブルは喫煙席に分煙したこと。
これで珈琲の香りをタバコの煙に邪魔されなくなってうれしい限りです。
先月29日にリニューアルしたばかりでまだ店員Nさんたちは慣れないようでした。
今日は「オーガニックブレンド」いただいています。
程よい苦味とコクが楽しめるお珈琲でした。。


[ 2008/03/04 10:32 ] 趣味の物語 | TB(0) | CM(2)

適性検査。。。

今日は障害者職業センターに行って適性検査をしてきました。
1時間半かけていろんなことをしました。
まずはよくある鉛筆で記入していくペーパーテストのようなもの。
展開図を探せとか、簡単な計算、単純に丸の中に点をいっぱい書く問題とか・・・できなかったのが、少し応用(といっても小学校高学年がやるレベルですが)の文章計算。7問しかできなかったー

続いてやったのが、
・たくさんの短い棒を隣の穴に入れていく検査
・同様にその棒を反対にひっくり返して入れなおす検査
・水道の蛇口を組み立てたり、分解したりする検査
・小さいピンに小さいワッカを入れて穴に差し込む検査(これが難しい。手先の不器用さがここに出ました
・いろんな番号の札を同じ番号のトレーに淹れる検査(仕分けの適性を見ていると思う)

あとは、簡単な質問に答えて終了。
来週の火曜日に結果が出ます。

日ごろ集中なんてしないから、結構疲れました。
細かい作業は向いてないと思います。
さて、どんな結果が出るのでしょうか?
[ 2008/03/03 12:08 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)