お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

通院日。。。

今日は通院日
娘の保育園の申請に必要な診断書(簡単なもの)を作成してもらいました。

①神経過敏症
②本日面談の結果、医学的には、抑うつ気分、抑うつ傾向を認め、通院治療中であることを診断する。

このような内容が書かれていました。
②は以前の申請と同じでしたが、①は「抑うつ状態」から「神経過敏症」に変わっていました。
神経過敏症・・・ネットで検索しても詳細なものにヒットしませんでした。
まあ、神経が過敏になる症状なんでしょうね。
特に、社会復帰に関してはすごいストレスがかかり、神経が過剰に反応して幻聴を引き起こしているんだと思います。
それでこの病名がついたんでしょう。。
障害者手帳の診断書は、次回の通院のときにもらえることが判明。
いよいよ、やっと、待ちに待った診断書です。
先生の話だと「すんごい人が同じ診断書待っているんだわ。」と聞かされました。
よろしくお願いしますといって診察終わりました。
疲れましたが、やっと光が見えてきた気がします。
本当に次回もらえるのか、先生の口から言ったものの少し不安な自分もいますが、2週間後を楽しみにしたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2007/11/30 10:53 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(3)

出来なくなったこと。。。

20071129103448
今朝、悪い夢を見ました
昔の会社で働いている自分。怒られてはいないけど、上司の威圧でビクビクしながらすごい神経使って仕事している夢でした。
いつまでこんな夢を見るのだろう。。
もう2年半以上経つというのに・・・。
案の定、具合が悪く、吐きそうになりました。
でも、がんばって予定通りジムに行き、いつもの珈琲屋さんで今日は「オーガニック・メキシコ」をいただいています。
うつ病は今まで出来ていたことが、出来なくなることがあります。
りくはバスにも乗れなくて大変な時期もありましたが、回復と共に大体は出来るようになりました。
でも、仕事探しだけはうまく出来ないままです。
昔は恐れ知らずでどんな世界でも飛び込んでいたのに。。
「恐れ」を知ってしまったから出来ないのかな。
働きたいけど働けない自分に焦り、出口のないループに落ちていく。社会から遠ざかる期間が長くなるほど復帰が難しくなる。。
だから、目指す手帳取得と障害者職業センターはりくの光なのかもしれません。
遠回りのように見えているかもしれませんが、これが近道だと信じて進みたいと思います。
悪く夢なんかに負けないぞ。
[ 2007/11/29 10:34 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)

その後の。。。

『その後のツレがうつになりまして。』
「ツレがうつになりまして」の続編です。
昨日ついに発売になりましたね。早速、買いました。
1時間弱で読めました。
前回の「ツレがうつになりまして」はツレさんの病状が読み手に共感を与え、笑えたのに対し、今回は当事者や家族への応援歌になっていたように思います。
タイトルどおり、ツレさんとてんてんさんの「その後」が正直に書かれていました。
ツレさんは最後に「僕はこの病気になった自分自身を誇りに思う。」と締めくくっています。
うつを克服した人は大体こう言いますよね。
りくもそうなるのかな。
胸を張って言える日が来るのかな。
機会がある人はぜひ本屋で覗いて見て、気に入ったら買ってみてください♪
[ 2007/11/27 13:36 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

お酒。。。

病気になってお酒をほとんど飲んでいません。
ほとんどというのは2回だけ、自暴自棄になって1回はワンカップ酒を、1回は缶ビールを飲み干しました。どちらもおいしくなく、ただ虚しさだけ残りました。。
お酒は飲まないのは、先生に言われているから、病気の本にもお酒はだめだと書いてあるから。
うつの芸能人がお酒の反動で飛び降り自殺した方もいました。
だから、飲みません。
馬鹿正直なんですね。
病気が治るまで、薬を飲み終わるまでお酒には手を出しません。
奥さんと、治ったらワインで乾杯しようといっています。
だから、我が家のワイングラスは押入れに封印されています。
同じ病気の方がお酒を飲んでいる方も大勢います。
その方々を責めるつもりは毛頭ありません。
これはりく自身の誓いです。
ワイングラスで乾杯する事を夢見て病気と向き合っていきます。。
[ 2007/11/26 13:20 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(4)

おすすめ。。。

「家族力」がうつから救う!―ともに戦う「患者と家族」60のケース 「家族力」がうつから救う!―ともに戦う「患者と家族」60のケース
山口 律子 (2006/02)
宝島社

この商品の詳細を見る
うつの本は結構読んだつもりでした。
大体書かれる内容は同じ。症状をメインに書かれて復職についてはイマイチ詳しく書かれていない本が多い中、この本は違いました。
病気になった誰もが一番知りたいし、通る道であろううつからの社会復帰を丁寧に説明されていました。
MDA(うつ・気分障害協会)の日本支社を作られた山口律子さんが書かれており、教育TVでも何回か出演されています。
当事者だけでなく、家族の方へのメッセージもつづられております。
「あせらず、あわてず、あきらめず」
「温かな無関心で接する」
「励まさない。提案で話しかける」
「病を憎んで人を憎まず・・・」
などなどうなずけるところが多々あります。
機会があれば、ぜひ読んでみてください。。
[ 2007/11/24 13:21 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(3)

いざ、奈良へ。。。

1月22日から25日まで奈良に行ってきます。
以前、ネットで飛行機チケットの先行予約がとれず、一回は断念しましたが、昨日一般予約が始まり、ダメもとで見てみたらこの期間で取ることが出来ましたー。
本当はもう1日か2日伸ばしたかったのですがそれは取れませんでした。
でも、帰るだけでも両親は喜ぶし(実際電話したら喜んでいた)、こころの洗濯にもなるからいいか、と。。
充実した時間にしたいと思います。
[ 2007/11/23 11:21 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(0)

うれしかったこと。。。

今朝、ジムに行く途中で信号待ちしていたら、偶然にもTさんの車とすれ違いました。しかも、りくの家の近くの交差点で。
Tさんは今年4月までデイサービスの運転手していた会社の元施設長で入った当時、親切に仕事を教えていただき、りくの社会復帰を助けてくださった女性。
残念ながら利用者のお年寄りを思うばかりに会社の営利とのハザマに挟まれ、体調を崩し退職されました。
その後はヘルパーの噂でお子さんのPTAで活躍されていると聞いて安心していました。
りくもその後辞めたので懐かしい過去になっていたのですが、見覚えのある車ですぐ気づきました。向こうは気づいていませんでしたが、月極駐車場に止められました。
あれ・・・なんでこんな所に止めたんだろう?
信号が青になり、後ろ髪ひかれながらバックミラーでちらっと見たら歩いて横断歩道渡っていました。
あっちは車屋さん?ラーメン屋さん?珈琲屋さん?
・・・しばらく運転して「あぁ!」と思わず声を出しました。
地域包括支援センター。。
多分、そんな名前。介護保険法で作られた地域のケアマネージャーを束ねる機関。主任ケアマネージャーのようなものです。
Tさんはケアマネの経験もあるので「合点」しました。
おぉ~そうだったのか。
なんかうれしくなりました♪人事だけどうれしくて。。
やっぱりTさんは介護の世界が好きなんだなあと・・・。
もし、りくの予想が違っていても元気な姿見られただけでよかったな~と思いました。。
今、いつもの珈琲屋さんでアイスカフェオレいただいています。
りくにとってうれしいお話でした。
[ 2007/11/21 10:51 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(0)

雪かき。。。

20071120124116
昨日、旭川は大雪に見舞われました。
朝と昼と2回除雪しました。娘は張り切って遊んで?いました。
この時期はまだしっとりした雪なので重くて腰が痛い。。
あぁ、もう根雪かな。
ブログ仲間に沖縄の方がいます
最近までまだクーラーつけていたとか・・・日本は細長いんだなあとつくづく思いました。
クリスマスツリーも昨日出しました。毎年のように和室にツリーを立てました。相変わらず、違和感がありますが。。
一番上の大きな星をつけるのは娘の役目。
去年は体を上に持ち上げてつけましたが、今年は自分で台を持ってきて一人でつけていました。
いつまで星を喜ぶのかな、いつまでサンタを信じるのかな、いつまでもこころの中にサンタがいればいいな。。


[ 2007/11/20 12:41 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(6)

待機中。。。

只今、娘の保育園の発表会に来ています。
娘の出番は12番目なのでホール外でコーヒー飲んで待機中です。
ホールの中は大人とお子さまで密集。。耐えられん・・・。しかも、父親同士でお互いの仕事の話をし始めた・・・チッ。。
歪んだ考え方だと分かりながら、自慢話のように聞こえて耳が痛いわ。
来年の今頃はりくも働いているはず。他の父親と肩を並べられる。
そんなこと競うことはくだらないことかもしれないけれど、そう思ってしまうのが本音。
娘も来年は年長さん。生後3ヶ月で入園したのにもうそんなになるのかと時の早さを感じます。。
大きな病気やケガもなく、元気に育ってほしいと切実に願うのは親だからでしょうか。
そろそろ娘の出番です。
うまく踊れなくてもいい、楽しく踊ってくれればいいと思います。
[ 2007/11/18 10:14 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(3)

おにぎり。。。

今日の新聞に「かみかわのお米でつくるおにぎり合戦」の入選作の記事が掲載されていました。
そういや、店員Tさんも応募するといってたなあと思いつつ読んでいると、「特別賞・実行委員長賞」にTさんの名前が
前回のニョッキ料理に続きの入選です
すごいなあ。。
その一言に尽きます。
もう珈琲屋さんには勤めておられないので会うことはないんですが、おめでとうを言いたい気分です。
どんどん自己開拓をしていく気持ちがすばらしいし、昔の自分とシンクロするところがあります。
また、珈琲を飲みながら語り合いたいなあ。

ところで、明日は娘の保育園の発表会。
ビデオ係です。
娘の出番は12番目から。
長い。。1時間は待たないと。
公民館のホールは人でぎゅうぎゅうになるので出番までホール外にいようと思います。
多分、時間あるから携帯からブログ書くかもしれません。。
[ 2007/11/17 12:05 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(2)

通院日。。。

今日は通院日
朝起きたら一面真っ白の銀世界道路も凍っており、早めに出て到着しましたが、病院はもう開いていました。ありがたい。2番目でした。
診察では、うつになって2年9ヶ月、他にも何か病気を併発してるのか聞きました。
先生ははっきり病名は言いませんでしたが、こういいました。
『鬱の症状は落ち着いているけれど、途中で幻聴になったから今はそれを抑える事に重点置いています。鬱にも効いて、幻聴や妄想を抑える薬を最低限の量飲んで今落ち着いているからこの状態を維持したほうがいいよ。』
「就職活動は強いストレスがかかって不安と緊張で一人ではうまくいかないので手帳が届いたら障害者職業センターの復職プログラムを組んでもらって仕事探そうと思います。」
今一番言いたかった事が言えました。
先生はいいんじゃないかな、と言ってくれました。
診察が終わってどっと疲れが来ました。
今読んでいる本に「薬の投薬はカルピスに似ている」と書かれていました。原液を入れて水で薄めるときに(水の量が)多くても少なくてもいけない。おいしく飲むには適量が必要だ、と。
薬も同じ原理だそうです。
ドクターの良し悪しは薬の調整でもわかるといいます。患者に合う薬をいかに調整するか、りくの場合、おいしいカルピスになっているようです。。
手帳の診断書はもう少しと言っていましたが、気長に待つことにします。
[ 2007/11/16 10:58 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(5)

奥さん。。。

奥さんは保育士をして17年目になるベテランです。
天狗になることもなく、子どもたちのことを常に思って保育に携わっています。ピアノも歌も踊りも手あそびも子どもたちの興味をたちまち惹き付ける。まるでマジックのように。
これは「天性」だと思う。
りくにはない輝きをもち、尊敬に値する女性です。
夢は社交ダンスをすること。
叶えてもらいたいし、できるだけサポートしていきたい。
妻である前に、母である前に、女性として輝いていてほしい。つくづくそう思います。
いつもありがとう。。
[ 2007/11/14 10:25 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(2)

おすぎですっ。。。

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組)
ブルース・ウィリス (2007/11/07)
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

この商品の詳細を見る
このシリーズ、て回を重ねるごとにお粗末になっている気がします。
期待しないで借りてみました。
3よりは脚本も悪役もいいかな。でも、ストーリーの先が見えてしまいました。
敵が簡単に倒されていくのはそっけないし、ボスは「あれ?終わり?」て感じでした。もっとなんか見る人を釘付けるシーンがほしかったです。
そう思えば「1」は実によかった。キャラも悪役もアクションもあれが限界かなと思います。
土曜ドラマ「SP」見たことありますか?結構脚色もちゃんとしていておもしろいですよ。「踊る~」の監督が手がけているからそれに似た雰囲気がありますが、今後の展開が楽しみです。
以上、りくの個人的な感想でした。。
[ 2007/11/13 15:38 ] 趣味の物語 | TB(0) | CM(3)

きたか。。。

水曜日から天気はずっと雪マーク。
ついにきたか。。
車のワイパー、冬用に取り替えました。
これで4月まで雪に囲まれて過ごす事になります。
クリスマスケーキのパンフレットを夫婦で見ていました。今年はイオン経由で有名店のケーキ予約しようかと考えております。
スキー、クリスマス、お正月・・・娘には楽しい事がたくさんの季節。
雪かき、スリップ、灯油代・・・大人にはうんざりする季節になります^^;
でも、「雪降ったらスキーだ。」とはしゃぐ姿を見るとそんな事はたいしたことはないかなと思えてきます。
今年は自分で止まれるようになればいいな。
[ 2007/11/12 14:07 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(5)

圧巻。。。

珈琲の店 ライフ」に行って来ました。
多分、ここの珈琲が旭川一の珈琲じゃないかと珈琲ファンの中では有名なところです。
昔、奥さんと訪れた事がありましたが、まだその時は珈琲のおいしさがわからないまま行った記憶があり、一度ちゃんと味わいたいと思い一人で行ってきました。
「苦味ブレンド」・・・圧巻でした。。
色、香り、味、カップの口当たりすべてに最高と言ってもいいんじゃないでしょうか。
情報誌の特集記事を書いた方がこの味をうまく表現されていました。

『甘く香る挽きたての珈琲を一口頂く。
爽やかな苦味が一気に口の中に広がる。次の瞬間まろやかな旨味に変わり、程よい酸味と香ばしい甘みが幾重にも重なり合う。深みと広がりのあるおいしさが口の中にあふれ出し、味覚中枢の全てが刺激される感覚を覚える。一杯の珈琲でこれほどまでに感動する味は他に覚えがない。』

りくが言うことがないくらいうまく表現されています。
ネルドリップで淹れていましたが、その淹れ方を凝視していました。(あやしいか・・・。)勉強になりました。
りくの珈琲の淹れ方もそろそろもうワンランク上の淹れ方を追及する時期に来ているのかもしれません。
まだ、珈琲の後味が残っています。一杯の珈琲でこんなに幸せな気分にさせてくれるなんてすごいですね。。
[ 2007/11/10 12:41 ] 趣味の物語 | TB(0) | CM(5)

おみや。。。

義父母が奈良旅行から昨日帰って来ました空港までお迎えに行ってきました。
奈良は22℃と暖かく、東大寺・五重塔・春日大社などメジャーな観光をして楽しんだようです。
りくの実家で姉親子も来てお好み焼きでもてなしたとのこと。
お土産もどっさり買って来ました。
奈良名産のお菓子などなどいただき、懐かしい味を堪能しました。ふるさとの味ッスね~。
気になったのは、義父が義母の反対を押し切って買ってきた鹿の形をしたニット帽(娘用)。
しかも、ピンク・・・
ピンクの鹿、てどうなの!?て思っていたら、奥さんがすかさず突っ込んでいましたー。
孫を溺愛するお気持ち、ありがたくいただきます。。
「次は5人で行こう。学校いったら。」と娘。。
それもいいかもね。その頃は胸を張って帰れたらいいな。
[ 2007/11/09 10:30 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(5)

一瞬の期待。。。

一瞬の期待でした。。
昨夜はあんなにはしゃいでいたのに・・・。

バースデー割引、て知っていますか?
誕生日の前後1週間に飛行機に乗ると片道1万ちょっとでいける割安プラン。
でも、今年の春で打ち切られ、毎年正月過ぎに奈良に帰っていたりく家族なんですが、「今回は帰れないねー。」とあきらめていました。
旭川ー大阪の区間、て安くならない区間なんです。
往復割引でも片道35550円、の往復の2人分、それに子ども代・・・えー、しめて19万2100円なり。。(ちーん
高すぎる
しかししかし!
昨日、空港行ったときに時刻表を持って帰ってきたら「バーゲンフェア」というものをやっているのを発見
1月の22日から1週間だけ片道14000円で行けることに、しかも予約開始は7日(今日)10時30分開始!
昨夜は奥さんと娘で「帰れるねー。」とわくわくしていました。
そして今日、10時30分に飛行機会社のアクセスしたら・・・「行き」は確保できました。

でも「帰り」が満席。。

なんで?

一日早めたり、遅らせても満席。
よくよく調べてみると、その飛行機会社の会員は今月2日から予約が出来たようで。その事は公には知らされておらず、知っている人には知っている情報だったようです。
りくもその会員カード持っていましたが、そこまではわかりませんでしたー
世の中そんなもんですね。
馬鹿正直に発売日に連絡してももう席は埋まっているんですね。うまい事出来ている。。
はぁ~、一瞬の期待をありがとう
[ 2007/11/07 13:39 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(5)

いざ、奈良へ。。。

奈良へ行きます。
義父母が。
奈良はりくの実家です。
義父母にとっては人生初の奈良だそうです。
奈良滞在中はりくの両親が観光に連れて行きます。お互い楽しみにしているそうです。
今日は送りのためりくも空港へ行ってきます。
紅葉はまだしていないそうですが、天気は良いそうなので一安心。
奈良はいいところです。
住んでいるときはそう思わなかったけれど、離れて住んでいるとふるさとの良さがわかります。
家族と古きよき友人が懐かしくなりました。。
[ 2007/11/06 11:30 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(5)

モロい。。。

土曜日、義父母の家のインターネット(ISDN使用)を光通信にしたほうがいいのか相談されました。
「調べてみますね」と言ったものの、この類は調べれば調べるほどプランも料金も複雑で、電話で聞いたり、ネットで調べたりしても余計訳わからなくなってしまいましたー
頭パンク状態のまま夜が過ぎ、次の日も理解できないまま、悶々としていました。さらに電話してみましたが、ダメでしたこういう通信関係で働いている人たちすごいですね。
おかげでこころもいっぱいいっぱいになって横になってしまいました。
モロいね・・・自分が。。
夕方、いてもたってもいられないので義父母にギブアップを言いに行きました。調べたことを紙にまとめて・・・。
義父はこれだけでも十分だと言ってくれ、「光にしようかなあ」と考えていました。知り合いの電気屋さんに相談するとのことでした。
これで荷がおりました。。

反省点・・・相手を思うあまり、こんをつめてしまうこと。
それが今病気になった原因でもあるんだろうな。
こころにぎゅっと負担がかかるとフルにエンジンがかかってしまう。。そしてすぐにエンストする。モロい、モロすぎる。。これが病気なのかな・・・。
『段階を踏んで働かないといけない、すぐにフルでは働けないよ。』と先生が言っていたのを思い出しました。
りくは幸か不幸か今進むべき道を行くしかないようです。。
[ 2007/11/05 10:51 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(6)

年内までには。。。

今日は通院日
何回行っても疲れますね。どっと疲れの波がやってきます。
最近、病院帰りにコンビによってスウィーツと缶コーヒーを買って帰ります。せめてものご褒美です。。
診断書またまたもらえませんでした。
「いつごろもらえますか?」の問いに『もう少し待ってて』との答え。「年内には出来ますか?」『年内には出来ますよ。』・・・年内まで待つしかないようです。。
手帳が出来たら障害者枠で仕事探す旨も伝えたら、それはいいんじゃないかと言って下さいました。道は間違っていないようです。
今日は言いたいこと言えたので少しはスッキリしました。
でも、疲れた・・・

[ 2007/11/02 10:25 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)