お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

「これも、わたしの人生かな~、て」。。。

昨日、録画しておいた番組を見ました。
高次脳機能障害のある女性の子育てを1年にわたって撮影した番組です。
幼少時代に交通事故が原因で記憶を数分で失う障害を抱えながらも家族の支えを借りて子育てしていく様子が描かれていました。
彼女が最後に言った言葉、
「あの事故さえなければ、と思うことはあります。
でも、あれがあったから今の幸せがあるんです。
これも、わたしの人生かな~、て・・・。」
ズドンと響くものがありました。
りくは今まで以前の会社を恐れ憎んでいました。
でも、病気になったことで家族の時間を同年代の人たちより多く持つことができた。そういうことでは幸せなのかもしれません。
病気になったこともこれも僕の人生かな~て思えるようになりました。
少しずつでも、そう思える時間が多くなれば、こころも楽になるのかな。。
「否定」から「受容」に向かっていきたいです。
スポンサーサイト
[ 2007/10/31 10:48 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

大丈夫かな?。。。

今日は夕方、娘とインフルエンザの予防接種打ちに行きます。りく自身も打ってもらいます。
去年は騙し騙し注射しましたが、今年はどうかな~・・・ちょっと心配です。
予防接種の後は耳鼻科へ。娘がここ数日耳が痛い、かゆいと訴えているので連れて行きます。
前回鼻が詰まったときは押さえつけられ、大泣きして大変でした。。
今回は耳だけだから大丈夫かな~?
りくだけで連れて行くのでちょっと不安です。
子どもでこんなんだからペットなんてもっと大変だろうなあと思いました。
今日はオリジナルブレンドいただいております。
居心地はいいのですが、珈琲の詳しい人が店員Nさんしかいないから珈琲談義に華を咲かせることもめっきり少なくなり寂しいです。
そういえば、年配のパートさん、珈琲飲み終わって帰るときにいつも「ありがとうございました。いってらっしゃい。」と言う。
いってらっしゃい、て・・・仕事に行くとでも思っているんだろうな。
それを言われるとこころがチクッと痛い。。
仕方ないんですけどね。
[ 2007/10/29 10:28 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(2)

友達いない。。。

昨日は久々に寝逃げしました。
つらかったです。。
頭の中で診断書を待っている身だとわかっていながら、沸々とストレスがたまっていたのかもしれません。
待つ、てしんどいですね。
自分の存在とか位置が見えなくなっていました。
必死にそれを捜し求めているのもわかっていました。
昨日、奥さんと話して少し楽になりました。
ストレスの発散の仕方がわからなくなっています
昔は、あんなにクレームや上司の無能さでストレスためてたサービス業をやっていたにもかかわらず、今のように落ち込む事はなかったです。
何でだろう、という話になりました。
多分、職場に仲間がいたから大丈夫だったのかな。何でも言い合えた仲間がいたから大変な仕事も出来たのかもしれません。
そういえば、病気の原因になった職場には仲間という仲間はいなかったなあ。
仲間、友達、大事ですよね。
りくは23のときに北海道にきたから学生時代の友達は奈良や東京にいます。
友達、いないな。北海道には。。
「愛人はいるのにね。」と奥さん。
奥さん公認の愛人A・Bはいるんです^^(わかる人にはわかるお話・・・)
次の職場ではいい仲間に出会えたらいいな。
[ 2007/10/27 13:01 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(2)

週3回に。。。

20071025104641
保育園のお迎えの帰りに図書館へ行って来ました。
はたくさんある絵本に夢中になっていました。
子ども、て純粋に絵本にのめり込んでいくんですね。
「おおきなかぶ」とか3冊借りていました。
りくはカフェ関連の本2冊借りました。
帰ってからすぐ「絵本よんでー」コールでした。。こんな時期が一番いいのかな。
ところで、今週からジム通いを週2回から週3回に増やしました
そのほうが朝きちんと起きられるし、余計なこと考えなくて済むから。。(これがホンネ)
いつまでもこんな生活続くわけじゃないけど、今は規則正しく過ごしたい。仕事ができる態勢にいつでもしておきたいんです。
まじめかな・・・
今日はブルーマウンテンブレンドいただいております。
ブルーマウンテンだけでは足りない味わいをうまくブレンドされていました。。
[ 2007/10/25 10:46 ] 何げない物語 | TB(0) | CM(4)

何もないと。。。

働きたい。。
働きたいけど、働けない。。
こころ(脳)が安定しているのは、薬のおかげ。
でも、本当に病気なのか、ただ動かないだけなのか、て思ってしまう。
毎日無理にでも何か用事を作ってそんな疑問を忘れようとしている。でも、限界がある。何もしない日も出てくる。今日がそんな日。
そんな日は自責の念にかられてしまう。
もう涙も出ないや。。
ただの抜け殻。
診断書もらって手帳の申請、そして仕事へと結び付けていく。
その目標があるからまだ生きられるようなもの。
毎晩、昔の会社を思い出す。昨日あったかのように鮮明。2年半以上も経つのにね。
このままでいいのか、このまま向かうしかないんだろうな。
病気になるなら目に見えるものになりたかった。世間に普通にいえるような病気になりたかった。
そんな事言ったらだめだよね。ごめんなさい。。
[ 2007/10/24 13:59 ] つらい物語 | TB(0) | CM(3)

命の飲み物。。。

20071023110215
フレンチローストいただいています。
パンチのきいた苦味の中にコクと香りがうまい具合に調和されています。
珈琲との出会いは病気になって早朝覚醒がひどかったころ、何気なく台所にあった1回きりの珈琲ドリップに手を伸ばし、恐る恐る淹れてみました。
そしてまだ日が昇らない夜明け空を見ながら一口・・・。

全身に電気が走りました。
おいしい!
インスタントとはまた違ったおいしさがありました。
それから、いろんなドリップコーヒーを買って来て飲み比べたり、関連本を読みあさったり、5冊位読んだかな。
自分でも今の珈琲屋さんで豆を買って来てペーパードリップやネルドリップで淹れて奥さんとウンチク言ってました。
うれしい時も楽しい時もつらい時も、悲しい時も。。いつも珈琲があったと思います。
珈琲は病気と共に歩んでいます。りくにとっては「命の飲み物」なのかもしれません。。
今日はしみじみと飲みながら、いままでよく(病気に)耐えてきたなとちょっと目頭が熱くなりました。。
もう少し、もう少しがんばろうかな・・・。

[ 2007/10/23 11:02 ] 趣味の物語 | TB(0) | CM(5)

大変さを知る。。。

今日は通院日。
診断書の事、先生はふれなかったのでまだ出来ていないのでしょう。
「まだなのか。」という不安とイライラを持ったまま帰宅。
PCで「精神障害者保健福祉手帳の診断書」で検索してみた。
ある県から抜粋を見る事ができました。

1「精神疾患の病名」
2「初診年月日」
3「発病から現在までの病歴及び治療の経過、内容、就学・就労状況等、社会復帰施設、グループホーム、作業所等の利用状況、期間、その他参考となる事項」
4「治療歴」
5「疾患(機能障害)の状態」
6「生活能力の状態」

これを骨子にさらに詳細な項目に枝分かれしており、これ以上は読んでもよくわからない事が延々と続いていました。
診断書を2ヵ月半待っていますが、これを書ききるには並大抵な事じゃないなと感じました。それもりくだけじゃない。他の人のいろんな診断書や書類も書かれているはず。。それに審査が通るように書いてくださっている。

もう少し待つか。。

大変さを知りました。
患者本人も大変だけど、先生も大変なんだな、て思いました。

今日はりく夫婦の結婚式記念日。
丸6年、7年目に入ります。
ケーキを買ってお祝いします。
当時の写真でも見ようかな。。

[ 2007/10/19 10:55 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(7)

10代の自分。。。

夕食作りのときにいつも音楽をかけながら作ります。
陳列したCDの奥のほうから懐かしいものを見つけました。
「trf」「globe」・・・久しぶりに流れてくるメロディに10代の頃の自分にタイムスリップした気分になりました。
動物に囲まれた変な大学生活、今じゃ考えられない興味のある世界にどんどん飛び込んだアルバイト、何か手伝う事はないのか自問自答して入った障害者ボランティア、そして日本(世界)はこんなに広いんだ、いろんな人がいるんだと思い知らされた自分。。何もかもが新鮮でまぶしかった時代。若さもあるけれど、あの積極性がとりえでした。
まさかこんな日が来るとは思わなかっただろうな、と苦笑してしまいました。
人生どうなるかわかりませんね。。
でも、あの頃の自分が今の自分を励ましてくれているように感じました。

そうこうしている内に夕食が出来ました。。サツマイモの煮物、おいしく出来ました。
娘のお迎えに行く足取りが少し軽かったのは10代の自分が励ましてくれたからでしょうか、それとも煮物がおいしく出来たからでしょうか。
何にせよ、少しうれしくなった一日でした。。
[ 2007/10/17 13:51 ] 自分の物語 | TB(0) | CM(3)

やっぱりね。。。

20071016104634
これがサイフォンです
珈琲が上から下にスーッと落ちていくのを見るのもサイフォンの楽しみ方の一つです。
今日は苦味とコクのあるリッチテイストをいただいております。
昨日、人生初の皮膚科を受診しましたー。
皮膚科は娘の乾燥肌で冬場に通っていましたが、りく自身の受診は初めて。
娘のローションもらいに行くついでに診てもらいました。
診断名、口唇ヘルペス
やっぱりね。。
風邪をひいたり、疲れやストレスが重なると出てきます。
先生曰わく、日本人の6~7割は持っているウイルスで、唾液感染だそうです。りくは小学生の頃から出ていて、母親もヘルペス持ちなので母子感染ということになります。
しかも、一度感染したらやっつける治療法は今の医学では解明されていない模様。詳細のパンフレットももらいました。
娘には移らないようにしないとなあ。。「娘とチュッチュッできないね~。」と奥さん一言。
うぉーっ!
それはつらい・・・
[ 2007/10/16 10:46 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

風邪には厳しい奥様。。。

案の定、熱が出てしまいました。。
日曜日はご飯以外ほとんど寝て過ごしました。
娘は娘なりに心配しているようで何回か寝室にりくを見に来ていました。
ところが、奥さんは風邪に限って厳しいのです
「え?風邪?熱は?」「薬飲んで寝てちょーだい。」「そんなところで寝ないでベッドで寝な。」妙にテキパキ・・・
『(奥さんが)看護師にならんでよかったわ~。』と皮肉を言うとクスリと笑っていました。
やっぱり、山形の疲れが出たのかな。
日曜の夕方には熱も下がり、今日ジムに行こうと思いましたが、朝起きれませんでした。
今日までゆっくりしよう。
季節の変わり目、みなさんも風邪などひかないようにお気をつけください
[ 2007/10/15 13:43 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(2)

体調不良。。。

ここ数日、体が重い。頭と内臓が痛い。
熱はなし。
気力もなし。
山形からの疲れかな。こころは大丈夫だけど・・・。
日曜はゆっくりしたい。
[ 2007/10/13 13:46 ] つらい物語 | TB(0) | CM(3)

んだ、んだ。。。

20071011103742
帰ってまいりました、山形から
疲れた~。。
昨日は13時間、今日は11時間寝ていました。
でも、体調は崩れることもなく、法事も観光もこなすことが出来、電車、飛行機、ホテルの添乗もスムーズに出来ました。やれやれです。。
「んだ、んだ。」
覚えた方言です。
ホテルの大浴場で耳に入って来ました。あー、東北なんだなぁと思いましたね。。
今日からはまたいつものようにジムに行き、珈琲屋さんでキリマン&マンデリンをいただいております。
写真はお店のサイフォン。この器具で珈琲を淹れるんです。ネルドリップとはまた違ったおいしさがあります。
さて、また1日1日前に進んでいきますか。。
[ 2007/10/11 10:37 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(3)

もう少しで出来る。。。

今日は通院日
診断書を依頼して今日で2ヶ月。いつ出来るのか聞いてみたら「もう少しで出来る。」とのこと。
あぁ、作っている最中なんだなあと手ごたえを感じた。
もう少し待つ事にしました。奥さんとは、年内に手帳が手元に来るぐらいの余裕がいいね、とメール交換
先生は「ドーパミンもうまく抑えられてるね。」とも。。
ドーパミン・・・
セロトニンやノルアドレナリンはうつ病に関係する脳内伝達物質だけど、ドーパミンと先生が口にしたのは初めて。
やっぱり、幻聴が原因なんだろうな。
実際、その類の薬を飲んでるのは確かだし。でも、うまく作用しているならいいのかな。

明日から9日まで山形まで法事に行ってきます
調子を崩さないで無事帰ってこられるように願うばかりです。
とにかく・・・笑ってよう。。
[ 2007/10/05 10:23 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

いばらの道。。。

夕食後、こんな事をつぶやいた。
「どっちに転んでもいばらの道だよね。」
障害者手帳とって障害者枠で働くにしても先行きの見えないこの世の中、現実的に厳しいという話もよく耳にする。
かといって、病気を隠して仕事をするのかといわれれば、それを受け付けない自分がいる。無理してまた同じ失敗をするのは目に見えている。
だから、どっちの道を選んでも「いばらの道」と言った。
「手帳取るのにあんなに悩んだ結果決めた事だし、先生もいいと言ってくれたんだから、やってみようよ。もし、うまくいかなかったらその時考えればいいことだし。いばらの道でも少しの光を見出せてるんだからそれを信じよう。」
奥さんはそう答えた。
そうだね、そうだよね。。
手帳を取ったら、「地域障害者職業センター」にも行って可能であればその支援の力を借りよう。
「後ろは振り向かない。」
奥さんは微笑んでそう言った。
ありがとう。。
[ 2007/10/04 11:45 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(0)

ついにGet。。。

イグアナの嫁 イグアナの嫁
細川 貂々 (2006/12)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
今日はジムに行って来ました。
その帰りにいつもの珈琲屋さんで久しぶりのブラジルを飲んでいます。
初めて珈琲を淹れたのがブラジルで、ペーパードリップでおとしたんですが、これが失敗してマズかった記憶があります
今日はおいしくいただいております。
山形に行くときのお土産として珈琲を渡そうという事になり、ギフトを作ってもらいました。4種類の珈琲の詰め合わせ。
喜んでもらえればいいな。。
ところで、イオン内の本屋さんでついに見つけました。
「イグアナの嫁」
図書館はいつも貸し出し中だし、どこの本屋さんにもなかったんです。
この本は「ツレうつ」を書いたてんてんさんの第2弾の本♪
まだ、読んでいないのですがペットのイグアナをメインにツレさんのその後も書いているようです。夫婦で楽しんで読みたいと思います。。
[ 2007/10/03 10:47 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(5)

その後の。。。

今日は図書館に行ってきました。
いつもの分室ではなく、中央図書館へ。
旭川の中央図書館は駐車場が小さく、すぐ満車になり、他へまわされるのが不満。係員のおっちゃんもなんかえらそうにする。。
でも、さすが大きいだけあっていろんな種類の本があるから楽しい。
本といえば、「ツレがうつのになりまして」の続編が11月に発売されるようです。
題して、『その後のツレがうつになりまして』。
「2」にすれば「3」があるのかと、再発はいやだという願いもあって『その後の』にしたそうです。
「ツレうつ」を描いたころから始まって薬を飲まなくなって完治するところまでを描いたそうです。
今から、とても楽しみです。。
[ 2007/10/02 13:48 ] 病気の物語 | TB(0) | CM(4)

カウントダウン。。。

10月に入りましたね。
りくの中では、カウントダウンが始まりました。
今月の6~9日に山形県へ行って来ます。奥さんの祖母の3回忌でりく家族と義父母が飛行機で向かいます。他にも親戚が来るようです
りくとしては正直行きたくないのですが、今後の付き合いのことも考えると行かないと・・・
飛行機の手配から宿の予約までりくがしたので、当日は添乗員に徹しようと思います。
こころのコンディションを乱さないように、この一週間過ごしたいと思います。。
昨日は娘の5歳の誕生日
我が家で、義父母も来て誕生日パーティー。
でも、寝起きでご機嫌悪く、肝心なロウソク吹きを頑なに拒み、結局りくが吹きました・・・なんでやねん。。
プレゼントが次々出てくると、目覚めたのかハシャぎ始めましたー
現金なヤツです。。
今年一年も大きな病気もせず、元気に遊んでくれればいいなと思うりくなのでしたー。
[ 2007/10/01 10:37 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(4)