お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

春日和o(^▽^)o

20060430110035
ようやく我が家の庭の雪も溶け、今日はいいお天気です(^-^)/娘も冬眠から覚めたかのように庭で探検しています。
スポンサーサイト
[ 2006/04/30 11:00 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(4)

重圧。。。

昨日、仕事が終わってから奥さんの実家へジンギスカンを食べに行きました。そこには本州から来たお義母さんの親戚もいて何回か会っているんだけど、何かいろいろ自分のこと聞かれるんじゃないかと思ってビクビクしてて、へらへら笑って黙っているのが精一杯だった。お酒も何回か勧められたけど、薬飲んでいるから飲まないので「すみません、飲めないんで・・・。」て、断った。義父母はりくの病気の事知っているからうまくフォローしてくれるんだけど、申し訳なくてね。。お風呂から上がってきたら、まあ親戚の方も酔っていたのもあったんだろうけど、「たまにはお義父さんに付き合ってお酌してやらないとなあ。。」と言われた。何気ない発言だったのかもしれないけど、何かグサッときた。とりあえず、またへらへら笑っておいた。「いや~、僕鬱病で今薬飲んでてお酒飲めないんですよ~。」て言えればどんなに楽だろう。。鬱病を隠している自分はまだ病気を受け入れていないんだろうか。家に帰ったらどっと疲れが出た。奥さんもそれを察してくれているのがわかった。こんな重圧、いつまで続くのだろう。。。
[ 2006/04/30 05:42 ] つらい物語 | TB(0) | CM(4)

りくの送迎車では。。。

お年寄りの送迎をしていると、いろんな方が乗ってこられます。大体の人は杖か車椅子で来ているんだけど、乗ってくるなり嫁や婿の愚痴を言う人、孫の自慢話をする人、家から出て不安になっている人、昔の子ども時代の頃の話をする人、色恋の話する人、失語症で静かに耳を傾けている人・・・みんなそれぞれ沢山の人生経験をつんできた人ばかりです。病歴を見ると・・・やはりいました。「鬱病」の人。。。しかも同じ病院に通っている人が2人いてちょっとびっくり。まあ、曜日違うから会うことはないと思うけど^^;送迎には一人介護員が1人付きお年寄り達の話し相手をしています。実際、デイサービスを動かしているのはこの介護員の人たちで、みんなヘルパー2級や介護福祉士を持っている30・40代の女性。ちなみにりくもヘルパー2級持ってるんですけどね・・・現場は入浴や食事、排泄の介助など身体的な介護から家族との連絡、本人との心理的な介護まで多岐にわたっており、ハードな仕事です。送迎の帰りに介護員の人としゃべるとやっぱり彼女達も疲れています。利用者や家族の愚痴からプライベートな話まで運転しながら聞き手にまわっています。りくは実際現場に入らないけど、(今の状態じゃあとても入れる体じゃないし、今後も介護の仕事はしないと思うけど。。)みんな必死に自分の人生を突っ走っているなあとしみじみ感じています。そんな時、ふっと思ってしまいます。りくは突っ走り過ぎてこけてしまったのかなあ、と。。職場で自分が「鬱病」だと知っている人はいません。もしばれたら、クビでしょうね。薬も飲んでるし、そんな人に運転は任せられないでしょう、会社としては。病院の先生も今の仕事を続けることはいいことだ、と言ってくれているし、現場から一歩下がって奮闘している彼女達の負担が少しでも軽くなれればと、それ位の気持ちで働いています。この仕事は自分にとって社会に出るリハビリだと考えています。外から一歩も出たくなかった去年からすれば大きな回復です。娘に朝、「お父さん、どこ行くの?」と言われることがあります。そんな時、「リハビリ^^」と言っています。でも、それを保育園ではお父さんの仕事は「リハバリ(本人的にはリハビリと言っているつもり・・・)に行っているの~。」と先生に言っているみたい。。。先生方には何か理学療法士か何かの仕事だと思われているかもしれませんね^^
[ 2006/04/29 05:55 ] 仕事の物語 | TB(0) | CM(2)

りくの一日

朝は4時過ぎには起きています。目覚め前の夢は、よく人に気を使って仕事している夢や何かに自分をかばおうとしている夢を見ています。起きてふと横を見ると、相変わらず寝相の悪い布団からはみ出た娘に布団をかけ1階に下りてきて珈琲を。6時までネットを見てみんなのブログや天気予報見ています。朝ごはんの食パンを食べたら少し横になり、お気に入りのピアノクラシックを聞いています。それから身支度して「Feel」というリラクゼーションの音楽を聴きながらストレッチして体の筋肉を起こします。その頃に2階でドタバタという物音が・・・やんちゃ娘のお目覚めです。。7時45分に車で出勤。仕事はデイサービスの送迎の運転手。朝は8時半から10時半まで、夕方は16時から18時までの4時間の勤務。朝の仕事が終わったら、曜日によって買い物や掃除、お気に入りの珈琲屋さんに行ったりしてお昼ご飯は家で食べます。そのあとは・・・最近昼寝してしまう。。なぜか罪悪感がある。。「疲れたら昼寝していいんだよ」と言われてもね。18時半には帰ってきて娘とお風呂。奥さんと交代で入って夕食の準備して3人でいただきます。夕食時はTVつけないで音楽聴いています。娘は食べては踊り、食べては走り、そして最後に奥さんからヤキが入ります。。。食後はドリップ珈琲で3人でしばしの珈琲タイム。いろんな豆を飲んで奥さんとああだ、こうだと言って飲み比べています。娘も同じように珈琲カップで牛乳飲んでいます。そうこうしている内に20時になり、洗濯物を干したり食器を洗ったりして時間が余ったら各々TV見たり、遊んだり、塗り絵したりしています。そして21時過ぎには眠剤飲んで眠りにつきます。でも、0時、3時には目がぱっと覚め、意地になってまた眠りに入りますが結局変な夢を見て4時過ぎに起きちゃいます。そしてまた一日の始まり。。。こんな感じでりくの一日がまわっています。
仕事は今は4時間が精一杯。4時間でも疲れてしまいます。鬱になった頃は焦って早くフルタイムで働こうとしていたけど、今はそういう気持ちは無いなあ。完治までには今の生活を続けてあと1年半かかると先生に言われた。来年の夏ごろまでかかるということだ。病気になるのは早かったけど治るのにはだいぶ時間がかかりそうだ。それを聞いたときは、納得している自分、こんな自分にさせた会社の人間を憎む自分、家族に申し訳なく思う自分、いろんな感情がこみ上げてきた。でも今はちゃんと先生に言われたとおりに薬飲んで生きていこうと思ってるんだあ^^
[ 2006/04/28 05:34 ] 家族の物語 | TB(0) | CM(6)

ついに完治!

と、言っても虫歯なんですけどね^^;でも、歯医者が大っ嫌いな自分が1ヶ月かけて通えたのが不思議なくらい。。。元々は、銀歯がクルミモチパンを食べているときに取れてしまい、完全にブルーに・・・仕方なく近所の歯医者へ。あの入ったときの匂いとウィ~ンという音が小さい時から駄目で体がガチガチでした。問診表を手渡されたとき、「現在かかっている病気はありますか?」の質問で「うつ病」と書いた自分に変な感じがした。
いざ、診察へ。。。銀歯取り付けてもらったらさっさと帰ろうと思っていましたが、意外と痛くも無く、対応も親切で逆に気分がよくなってしまい、終わった後には「あ、この際虫歯も全部治してもらえますか?」なあんてことまで言っていた。むぅ・・・最近の歯医者の技術は進歩してるんだと感心してしまった。
虫歯治療も、丁寧に麻酔とか削る機械も痛くなく(あの音は変わらなかったけど・・・)昨日虫歯ゼロになりました!
何か一つやり遂げた自分に少し自信がつきました。奥さんに自慢したら「ふ~ん・・・」と、まあアッサリとした返事。
そういえば、奥さんの家族は歯医者好きなのを忘れていた。虫歯無いのにわざわざ歯医者に行くんだよぉ~。歯石取りに行くとかで。最初は信じられなかったけど。
まあ、自分が納得すればいいか^^
うつ病が完治したらどんな感じなんだろう・・・。今はまだ想像つかないな。。。
[ 2006/04/27 05:36 ] うれしい物語 | TB(0) | CM(2)

ついに作りました!

1年前仕事が原因で鬱病を発症し、今なお闘病生活している北海道在住のりくです。これからいろんな気持ちをそのまま書いていこうと思いますので末永く見守ってくださいね^^
[ 2006/04/26 13:52 ] 序章 | TB(0) | CM(9)