お父さんの日記

こころの病になった専業主夫りくと家族の物語

死ぬ気で勉強。。。

今日は決戦の三者面談。
希望の公立まで学習点があと60点足りない。
残り4か月死ぬ気で勉強頑張りなさいと担任から言われた。
帰ってきたら、珍しくすぐ勉強をし始めた娘。
でも、範囲が広くどこを勉強していいかわからないと、お手上げ状態でイライラモード。
ダメだこりゃ。
土曜日に家庭教師の先生来るからそこから改めて再スタートだ。
間に合うか?。。
スポンサーサイト
[ 2017/11/16 18:36 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

ギリギリ。。。

娘が行きたい公立の高校は、ギリギリのラインにいるそうです。
学校の前に家族で三者面談した。
娘は悔いの残らないように、公立受けて併願で私立を受験することに。
あと4か月、血を吐くぐらい猛勉強してください。でないと、落ちるからね。。
[ 2017/11/13 17:37 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

決戦は。。。

三者面談の日にちが確定しました。
決戦は16日。
明後日の学力テストCで選考基準がデータ化され、娘の行ける高校が決まります。
今の中学校て、三者面談で先生と高校を相談するんじゃないんですね。
ここにしたいのですが入れますか?
という親子で決定したことをパソコンで調べ、○か×でしか答えてくれないようです。
自分の進路の時を思い出してみたけど、そんなあっさりしてなかったはず。
なんでもデータ化して、まあそんな時代なんでしょうね。。
[ 2017/11/07 17:53 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

あと一つ。。。

今日、娘の期末テストが終わり、残すは学力テストCのみ。
Cは、9日に実施。
これが終わると進路が決定する。
三者面談。
昨日、ストレスと疲れからか、涙を流した娘。
寄り添って話を聞いた。
色々話した。
時たま笑いも出た。
スッキリしたようだ。
テストばかり続くときついよねえ。。
[ 2017/10/31 17:33 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)

がんばれは禁句。。。

進路を決める試験が続く娘です。
11月の三者面談で進路が決定するのですが、昨日2者面談があり、今の状況では希望の高校は厳しいといわれたようです。
本人なりに頑張っているのですが、なかなか結果が出せないでいます。
そんな中、今日奥さんの実家に肩もみをしてもらいに寄った時、義父から『がんばれ!』と何回も励まされたようですが、娘にとっては逆効果で、「松岡修造か!」と吐き捨てていました。
そして、用事があったので奈良の実家に電話した時、これまた母から『がんばれ!』と言われたらしく、「また、松岡修造がいた。」と苦笑い。
まあ、じいちゃんもばあちゃんも娘のホントの受験の厳しさ、辛さを理解できず、ついつい世間一般的な『がんばれ!』と言ってしまう。
悪気があって言ってないのだけれど、本人には堪えるらしい。
うつと似ているかも。
本人は一生懸命頑張っているのに、それに輪をかけて周りから『がんばれ』と言われると、辛い。
うんうん、わかるよ。
私立はお金がかかるから、と言うことが多くなり、りくの家の家庭状況も考えてくれているようですが、15歳の子どもがお金の心配する事じゃないと思います。
無理に公立に行って苦労するなら、今入れる私立で伸び伸びやってもらった方がいいと思っています。
そこまで貧乏じゃないよー。りくが働いてないからかな。
どっちにしろ、今は目の前にある試験をコツコツやってもらったらと考えています。。
[ 2017/10/19 18:27 ] 娘の物語 | TB(0) | CM(0)